楽天UN-LIMITで携帯料金を節約2020年

月の携帯料金3台12,000円を目指します

2020年5月の携帯料金が家族で14,179円。4年前は10,000円だったので、いつのまにか1.4倍に増えています。通信費はどこの家庭でも悩みの種だと思いますが、ひろりん家も悩みの種です。4年前は楽天SIMを活用したSIMフリースマホガラケーかけ放題スマホの3台で運用をしていましたが、今はiPhone3台に変更しています。利用条件は変わっていますが、14,000円超えの携帯料金は耐えられませんので、再び携帯料金のリストラに着手します。

携帯料金月額14,000円の内訳(3台分)

項目 金額 コメント
カケホーダイライト2台 1,700円×2台 5分以内かけ放題
シンプルプラン(スマホ) 980円×1台 通話料実費
パケット定額料(シェア) 6,500円 シェアパック5(5G)
シェアオプション定額料 1,000円 削除不可
SPモード利用料 300円×3台 削除不可
ケータイ補償iPhone 750円 解約可能
端末等代金分割支払金 3,267円 削除不可
月々サポート適用額 ▲3,267円 2021年4月30日まで
ずっとドコモ割プラス ▲600円 4thステージ(10年以上契約)
eリビング割引 ▲40円 請求書不要
ウェルカムスマホ割適用額 (▲1,500円) 2020年4月30日まで
ドコモの学割 (▲1,500円) 2020年4月30日まで
合計(+消費税) 14,179円

ガラケーからスマホに変えた事で割引・学割を適用していたことで月3,000円の恩恵がありましたが4月で割引が切れてしまいました。結果、携帯代が14,000円と高騰しました。年間で17万円にもなりますので、無駄な支出を無くしていく必要があります。

NTTドコモの携帯料金リストラ策

  1. ケータイ補償iPhoneを解約(▲750円)
  2. ずっとドコモ割プラスをDポイントで受領(▲120円)
  3. カケホーダイライトをシンプルプランへ変更(▲720円)

3つの節約施策で月1,590円(年間で19,080円)の節約が可能です。大きな金額です。通信費は一寸見直すだけで大きな節約効果があります。

一つ目はiPhone補償の解約です。購入時に、iPhoneは高額なのでビビッてケータイ補償を契約してしまいました。既に新品で購入して1年。スマホにガラスフィルムを張って、ケースをつけて使っていますので、何回も落としましたが特に異常なし。ケータイ補償は解約する事にしました。

二つ目はずっとドコモ割プラスをDポイントで受領することことです。現金値引きではなくポイント値引きだと1.2倍割り引かれます。D払いがコンビニでも使える環境なので実質Dポイントは現金とかわりません。月120円の差ですが、年間で1,440円です。とても助かるサービスです。

【NTTドコモのサイトから表を引用】

三つ目の施策はカケホーダイライトの解約です。シンプルプラントの差は1台720円です。携帯の通話料金は高額なので正直この値段であれば、安いといえます。シンプルプランの携帯の通話料金は30秒で20円なので720円分の通話はわずか18分間です。5分以内なら何回でも使えますので、このサービスを契約していましたが、今回解約する事にしました。LINE電話は無料ですが、お店の予約・質問などまだまだ通常回線の電話は必要です。1年通話無料サービスの楽天モバイルのサービスが開始されましたので、それを活用する事で一旦解約する事にしました。信じられないサービスですが、おかげで通信費が節約可能となりました。

リストラ後の料金月額12,000円の内訳(3台分)

項目 金額 コメント
カケホーダイライト1台 1,700円×1台 5分以内かけ放題
シンプルプラン(スマホ) 980円×2台 通話料実費
パケット定額料(シェア) 6,500円 シェアパック5(5G)
シェアオプション定額料 1,000円 削除不可
SPモード利用料 300円×3台 削除不可
端末等代金分割支払金 3,267円 削除不可
月々サポート適用額 ▲3,267円 2021年4月30日まで
ずっとドコモ割プラス
ポイントで受領
▲720円 4thステージ(10年以上契約)
eリビング割引 ▲40円 請求書不要
合計(+消費税) 12,430円

カケホーダイライトを1台残しましたが、現状はこれが限界です。家族3台で12,000円台なら納得の価格です。更にドコモは2年更新毎に3,000ポイントの付与があるので1台・月125円割引の恩恵が受けれれます。このままドコモを使い続ければドコモ割プラスも1,080円割引に拡大しますのでしばらくこのままでいく予定です。

楽天UN-LIMITで通話無制限・データ使い放題(時限措置1年間無料)

2020年6月あり得ないキャンペーンが第4の通信キャリアである楽天モバイルで展開されています。これは申し込まない理由がありません。解約の縛りがないので、気に入らなければ解約すればいいだけです。

  1. 1年間通話料無料・データ使い放題(衝撃)
  2. オンライン手数料全額ポイント還元(嬉しい。実質手数料無料)
  3. オンライン契約で3,000ポイント付与(ばらまき施策)
  4. 端末は1円

300万名の限定施策ですが、1年携帯が無料(端末も1円から)で使えるというあり得ないサービスが始まりました。楽天回線がある大都市圏以外が5ギガ上限となりますが、大きなメリットがあります。しかも申し込むだけで3,000ポイント。とりあえず申し込んでおいて損はありません。

申込から3週間後無事商品が到着しました。無料で1年間お世話になります。

無料携帯活用法(2021年5月まで)
  1. 無料通話でどこでもかけ放題
  2. メインスマホのテザリング用(シェアパックのパケットを節約)
  3. ヘルス機器として使用(メインのスマホからはアプリ削除)

2台持ちにはなりますが、通話料無料・メイン回線のデータ量を節約できるのはとてもありがたい。