JALマイル生活で節約

Bestなポイント還元制度はマイルです

世の中には色々なポイントがあります。Tポイント・楽天ポイント・Pontaポイント・Dポイントどれもがライフスタイルに合わせてポイントが貯められます。

ただ数多くあるポイントサービスの中でお得度が高いのは航空会社が提供するマイレージサービスです。通常羽田那覇は片道で普通運賃46,000円程度します。普通運賃で予約する個人は殆どいないと思います。多くは先得割引を使用してチケットを予約かパッケージ旅行でセットになった航空券を使用していると思います。ただし繁忙期のチケットはそれでも高い。8月の1週目に75日以上前に予約できるウルトラ先得で予約しても往復で50,000円近くかかります。家族3人で150,000円です。高い。

そんな高い時期ににも関わらずマイレージプログラムを利用すれば15,000マイルで羽田那覇の往復航空券がもらえます。航空券が無料になれば旅行先でいいホテルに泊まれます。美味しい食べ物が食べれます。ポイントは高くて付与が利用金額の1%ですが、マイルは時期によっては3円以上・時には5円近くにになります。しかも特典マイルは4日前の直前まで予約が可能・その後の変更も可能なので臨機応変につかえます。当日空港に早くついてしまっても空席があれば便の変更も出来ます。これはとてもメリットがあります。

今までは楽天ポイント押しでしたが、この仕組みを今更ながら理解して人生40歳を超えて初めてマイルに興味をもちました。

マイルを効率よく貯めるには準備が必要です。国内旅行がメインであれば、JAL・ANA・ソラシドの3社の中から選ぶ事になりますが、ひろりんはJALでマイルを貯めます。JALは羽田空港で行き帰りが楽です。駅が一駅違うのでJALの方がANAよりアクセスが楽です。15分飛行機が遅れて最終のリムジンバスに乗れなかったとか飛行機は遅れても、リムジンバスは先にいってしまうのでなるべく家に近い航空会社がいいかと思います。

九州方面しか利用しないのであれば選択はソラシドマイルで決まりです。宮崎が地盤の会社なので路線は九州がおおいですが、JAL・ANAの倍以上にマイルが貯まっていきます。ポイントサイトで入手した6,000Pをソラシドマイルに交換すれば12,000マイルになります。モッピーでお気に入りにクレジットカードを作成しポイントを集めれば無料で航空券がGET出来ます。すごい時代です。

マイル活動を始めるための準備

どの航空会社でマイルをためるか決まったら、まずはクレジットカードを作る必要があります。ショッピングでマイルを貯めるにはクレジットカードが必要です。

航空会社のクレジットカードには色々種類がありますが、まずは一番安いカードで十分です。高いカードは必要ありません。

【保有カード】JALカードSUICA
【オプション.1】ショッピングマイルプレミアム加入。年会費は3,300円。
【オプション.2】ツアープレミアム加入。年会費は2,200円。

カードはJALの普通カードです。JALグローバルクラブ会員資格の目処がたったらCLUB-Aに切替予定です。ショッピングマイルプレミアムは加入必須です。年会費が3,300円なので年間330,000円以上カードで決済する人は加入したほうが確実に得です。

ツアープレミアムは飛行機にたくさん乗る人にとってはメリットがあります。安い航空券で乗ってもマイルが100%たまります。50%しか積算されないパッケージ旅行でも100%積算してもらえる優れものです。羽田那覇で普通運賃だと片道984マイルたまります。パッケージツアーだと492マイルしか貯まりませんが、この契約をしているとフルの984マイルたまります。1マイル2円で換算して羽田那覇往復で984円×2で1,968円の価値があります。何回か飛行機に乗ることがあるなら必須のオプションです。クレジットカードを作るときに忘れてはいけないのが、ポイントサイト経由でカードを作ることです。クレジットカードの発行にカード会社は多額のコストをかけています。そのコストの一部を消費者に還元してくれるありがたい仕組みです。以前はお買物券とかでしたが今はポイントがもらえ、なんとそのポイントがマイルに交換できるのです。(ひろりんはあとからこの仕組みを知ったので大失敗です。)

初年度年会費無料のJALカードでも3,000ポイント貰えます。マイルに交換すれば1,500マイルになります。買い物で獲得しようとしたら15万円の出費が必要です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

空港で毎回悩むのが休む場所ですよね。お店に入るのもお金がかかるし、かといって通路の椅子はゆっくりできない。結局ラウンジが一番楽です。保安通過後にあるのでぎりぎりまで休めます。ジュースやコーヒーを飲みながら読書や勉強をしています。 

ただラウンジを無料で使うためにはゴールドカードが必要です。JALゴールドは年会費が高いので楽天カードゴールドを使用していました。年間2,160円の会費で全国のメジャーの空港(28箇所)のラウンジが使い放題です。これは便利。月4回ぐらい飛行機にのるので1回1,080円として月4,320円・年間で51,840円です。時間ギリギリに空港に行くこともあるので半分使用としても26,000円です。完全に元がとれていますので継続使用を考えていましたが、2018年9月から年2回の使用制限へ変更。無念。

ラウンジは便利なので移動には欠かせません。年会費のかかるゴールドは作りたくありませんが、ドコモGOLDカードは元が取れるので変更しました。

陵マイル活動.1(コンビニはファミマ)

毎日のコンビニはファミリーマートを利用。100円のアイスコーヒーからTカードとJALカードでポイントW取りでこつこつ貯めています。(画像はJALのHPから引用)

ファミマはJALの特約店なのでマイルが通常の2倍貯まります。ショッピングマイルに加入していれば100円で2マイル貯まります。月20,000円はコンビニで買い物をしますので400マイル貯まります。

陵マイル活動.2(固定費は全てJALカード)

生活費は基本JALカードで決済しています。食費・外食費・光熱費・通信費・ガソリン代・レジャー費用・保険料・日用品等カードで決済できるお店ではカードを使用しています。

コンビニで100円コーヒーからカードを使いこつこつ貯めた結果です。使う人はもっと貯められると思いますが、ひろりん家は月1,500から2,500マイルぐらいが平均です。JAL特約店を利用したりコツコツためても基本生活費決済なので限度があります。

このペースでは年間に40,000マイルぐらいしか貯まりませんので家族旅行にぎりぎりです。我家は3人家族なので45,000マイルを1年で確実に貯めないと夏の家族旅行に使えません。特典航空券は2か月前から予約出来ますので、7月・8月の旅行の為には航空券の予約をとる5月・6月に標準を合わせて貯める必要があります。

夏休みの出費と年度末のふるさと納税で10月・12月はマイルが貯まりますが、一時的です。

陵マイル活動.3(ポイントサイトはモッピー)

ポイントサイトMOPPY(モッピー)によるマイル獲得。マイルに変更可能なポイントサイトは数多くありますが、JALマイルであればモッピーハピタスだけ登録しておけば大丈夫です。ネットの創世記にフルーツメールをやっていましたが、イマイチ貯まりが悪く自然にフェイドアウトしておりました。久々に見てみるとポイントサイトも進化しています。クレジットカード登録で10,000ポイント付与という高額好条件の案件がゴロゴロ出ています。いつの間にはポイントサイトを経由せずWebサイトのサービスを受けるのは勿体無い世の中になっています。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

日常生活でマイルが貯められるサービス

クレジットカード発行→1,000~23,000ポイント
旅行サイトで予約→1.0~7.0%ポイント,500~2,000ポイント
パソコンをWEBで購入→6.0~10.0%ポイント
ふるさと納税→2.5~4.0%ポイント

サファイヤへの道のり(国内線のみで達成)

JALグローバルクラブの会員になれば、毎年初回搭乗時に3,000マイル・ラウンジ利用・マイル積算率35%増・受託荷物プラス20kg・プライオリティバッゲージサービス等お得なサービスが受けられます。一番安い会員費用(クレジットカード年会費)でも年間11,000円と高額ですが、CLUB-A・JALカードの初回搭乗ボーナスマイル2,000マイルを加えれば毎年1回飛行機に乗ることで、5,000マイルマイルが付与されます。もとは取れるサービスです。マイル付与だけでも10,000円相当・ラウンジは1回3,000円です。

JALグローバルクラブに加入するにはステイタスのサファイヤを達成する必要があります。2018年1月1日からJALグローバルクラブへのチャレンジを開始しました。通過点ではありますが、2018年6月12日のフライトで30,000 FLY ON ポイント達成。活動を開始して半年・・・結構疲れます。

2018年6月12日30,000 FLY ON ポイント達成⇒翌日確認するもポイント・ステイタス未反映

2018年6月14日(2日後)マイル・FLY ON反映・ステイタス未反映

2018年6月15日(3日後)ステイタス反映

30,000 FLY ON達成から3日後ステイタスがクリスタルになりました。九州東京の国内路線のみでコツコツ乗ってやっと達成しました。国際線に縁の無い生活なのでここまででも結構乗ったなあという印象です。6ヶ月で飛行機17回も乗っても30,000・・・サファイヤも正直とても大変だと思いますが、ダイヤモンドは自分の生活ではイメージできません。

クリスタル達成のご褒美として羽田空港サクララウンジ10枚利用券が付与されました。これは便利です。早速夏の特典航空券を1枚予約しました。(7,500マイル使用)

10枚って多いように思うのですが、意外と使ってしまいます。ラウンジ利用が1回3,000円として10回で30,000円分です。とても高額なのですが、そもそも1回3,000円という料金設定が高い。ビール3杯飲んで柿ピー食べて1時間休んで3,000円・・・自費で3,000円は節約家のひろりんとしては出せません。あくまでサービスとして付帯するなら使用するというスタンスです。

ただ使えるなら毎回行ってしまう哀愁が漂います。サービスには弱いです。。飛行機を見ながらビール・・ただそれだけなのですが楽しい。

けど10回ってなくなりますね。半年で10回を使い切ってしまいました。羽田空港の天丼てんやで天丼を購入してビールを飲むのが好きなスタイルです。ビールを3杯飲めば飛行機の中でも熟睡です。東京九州の国内路線のみでFLYONポイントを貯めること11ヶ月。2018年11月やっとサファイヤを達成しました。長かったあ。

ここでJALグローバルクラブに加入したいとこですが、加入には年会費がかかります。一番安いCLUB-Aで11,000円です。ここにショッピングマイル3,300円で合計14,300円。高すぎます。翌々年の3月まではサファイヤのステイタスが維持されますのでそれまでは普通カードで生活するのが賢い選択です。

とてもカード年会費に14,300円も支払う気にはなれません。節約家としてカードの年会費は必要最低限に押さえます。

JGC(ジャルグローバルクラブ)への入会(カードは返却要)

ドメスティックな旅行しかしませんが、2020年2月JGCに申込をしました。3月末までサファイヤの有効期限はありますが、審査に落ちたらいけませんので念のため1ヶ月早く申し込みました。無事審査は通過しましたがカード年会費11,000円。高い。カードの年会費に1万円なんてあり得ないと思いつつ、そこが寡占企業の強さです。他にANAを選んでも同じような費用がかかり、国内線サクララウンジの利用料金が1回3,000円もかかりますが、他に同様のサービスはなく加入せざるを得ません。4回ラウンジを利用すれば元はとれますので気持ちよく支払います。My JAL CARDのサイトには↓な感じで、JGCへの入会案内が表示されています。

既に普通カードの年会費を2,200円支払っていますので、11,000円との差額のみ請求されます。これはいいですね。助かります。手持ちの普通カードは返信用封筒にて返却です。捨てればいいかと思いますが、返却が必要です。

申込から10日経過でMY JAL CARDの画面が切り替わりました。これで年会費を支払う限りはJGCのメリットを受けることが出来ます。カード年会費11,000円とショッピングマイル・プレミアム年会費3,300円で年間14,300円ですが、実際の負担はそこまでいきません。

★毎年初回搭乗ボーナスとしてCLUB-Aカードなので2,000マイル付与
★JGCの毎年初回搭乗ボーナスとして3,000マイル付与

合計で5,000マイルです。1マイル2円として10,000円相当・ディスカウントマイル適用期間なら羽田大阪の航空券相当です。東京・大阪の移動は新幹線でも飛行機でも10,000円程度かかります。なので実質の負担としては4,300円です。安い。ラウンジも年10回は使いますので、1回430円と考えれば満足のいく値段です。14,300円を支払う事に納得出来ました。よかったあ。

2020年は新型コロナウイルスの影響で特別な対応がとられています。2020年2月1日から2020年7月31日搭乗分まではコロナ対応でFLYONポイント2倍の積算が発表されました。普通カードのままでよかったかも。。