シングルのカーテンレールを自分でダブルにしてみる

引越繁忙期に自費で引越しをした為、リフォーム予算不足に陥りDIYで節約中です。

マイホームは建売戸建を購入しましたがなんとカーテンレールが全部シングルです。なぜシングル?? 🙁 レースのカーテンとセットで使うのが一般的と思いますが、これでは家の換気をする時にプライバシーがありません。天気がいい日に全部あけて換気をしたいのですが、レースのカーテンがないと丸見えです。

で早速カーテンレールをダブルにします。案としては以下の3つが考えられます。

①既存のレールを廃棄しダブルのレールに業者が交換する。
②既存のレールを廃棄しダブルのレールに自分で交換する。
③既存のレールを取外し、2本をセットにしてダブル用のブラケットで再活用する。

考えるまでもなく③を選択します。使えるレールを廃棄するのは無駄ですし、廃棄も面倒です。早速コストと部品数を計算します。

窓枠は10箇所あるので、
シングルレール10本で5箇所の窓枠をダブルレール化できます。
ブレケット(留具)は5箇所×3で15個購入します。一個216円だったので3,240円の出費です。ただ該当のブラケットを探すのが一苦労です。ネットでレールの種類を調べなんとかTOSOのエリートシリーズである事を突き止めました。このレールは留め具が見えない素敵なデザインなのですが、最初ホームセンターで何も考えずにブラケットを買ってしまい、取り付けようとしたら取り付けられず無駄な出費をしております。購入する際は必ずレールの種類を確認しましょう。

残りの5箇所はレールがありませんので止むを得ません。新品をニトリで購入しました。1セット1,000円です。意外と安い。。。ダブルのブラケットが1枠(3箇所留め)で648円しますので余り金銭的な節約が出来ておりませんが、物を大事に使うという事を実践しているので満足です。 😉

以下今回のDIY節約術の効果を試算しました。

(ダブルレール1,000円×10箇所)=10,000円

(ダブルブラケット3個648円×5箇所)=3,240円
(ダブルレール1,000円×5箇所)=5,000円・・・合計8,240円・・・節約額は1,760円。
新品を買ったほうが安いとよく言われますが、十分に理解できます。ただ節約はお金だけではありません。捨てないで済んだのはよかったです。

【元々はシングルレールです】シングルをつける意味が理解できません

 

 

 

 

 

 

【一つのレールに対して3箇所づつダブルのブラケットをつけます】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ダブルのブラケットを壁に取り付けます】

 

 

 

 

 

 

【レールをつけて完成です】

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。