トイレの壁紙を自分で張替えて節約(Exchange the toilet wallpaper )

【JPN version/日本語版】
新築購入から13年が経過し壁紙が汚れてきたので張替を実施します。専門の業者に依頼すれば安価でしかも綺麗に張り替えてくれます。ただ自分の家は出来る限り自分でメンテナンスをしたい。多少仕上がりは雑でもお金は自分が手の出せない商品(電化製品等)に使いたいという思いから自分でやる事にしました。チョット格好良く書きましたが、要はリフォーム予算不足に陥りDIYで節約中です。

自分の手間と仕上がりを考えると職人さんに依頼(1畳のトイレで43,200円)したほうが満足度は高いと考えますが、新築時の壁紙の余りをつかって自分の手間賃と糊代のみの支出で完成した喜びは大きいです。 😉

張替1回目⇒大失敗・余りにも汚い(剥がれ・チグハグ)ので再度挑戦
作業時間⇒壁紙剥し4時間・下地処理3時間・貼付5時間で合計12時間

実際にやってみるととてもハードルが高いです。既存の壁紙を剥がすのも大変です。イメージでは全部一気に剥がれるのかなと思っていましたが、細切れになってしまい全然進みません。添付の画像のように一気に剥がれません。細かい紙は一箇所づつ手ではがしていきます。心折れそうです。

その後下地処理に入りますが、綺麗に剥がせていないので修復箇所盛だくさん。この作業が完成するのに正味労働時間は3時間ぐらいですが、途中休憩もあり1日が終了しております。
一番大変なのが壁紙を張ることです。まず天井がうまくはれない。壁紙の重さで剥がれてくるのでシワが入らないよううまくはれません。トイレタンクの裏やトイレットペーパーやタオルの金物の周りも要注意です。

結局、とても使える状態に仕上がらず1回目は大失敗におわります。足掛け2日間かけましたが練習と考え次回改めて取り組みます。

張替2回目⇒まあ満足(あくまで素人レベルです)
作業時間⇒壁紙剥し3時間・下地処理2時間・貼付4時間で合計9時間

前回の失敗から2ヶ月経過。心機一転改めて取り組みます。

まずは前回の壁紙剥がしです。そもそも自分の糊付けも不十分だったのが原因かと思いますが、思ったより簡単に剥がれます。それでもトイレ全体の壁紙を剥がすのに3時間弱を要しました。狭いトイレですので動きづらいのが難点ですがなんとか完成。

下地処理も無事終わりいよいよ新しい壁紙をはりますが、ここで問題が発生。痛恨のミスです。壁紙が足りない。1Fのトイレなのでお客さんも使用しますが、やむなし。バラバラの壁紙をつけていきます。

天井⇒新築時の和室の余り
右横⇒台所の不燃壁紙
左横⇒リビングの壁紙
正面⇒寝室の壁紙

全部ちがいます。違和感満載です。ただ慣れてくるとこれはこれでデザインとしてありではないかと自分をいいきかせます。暇になったらまた直すとしてしばらくはこの状態で使用します。

完璧ではありませんが、自分でやってみると愛着もでて失敗すら可愛く見えてしまうのでが不思議です。

以下英訳考え中

【ENG version】
13 years have passed since I bought my house, the wallpaper of the toilet got dirty.If a professional vendor repairs it, it will reasonably and cleanly change.but,I want to maintain my own home by myself.

 

2018年2月度家計簿実績(単身赴任中)⇒582,429円

2018年1月から単身赴任生活が開始。単身赴任はお金がかかります。マイホームの維持に加えて、「単身先の家賃・光熱費・通信費・自動車代・生活備品・食費」単身期間中は贅沢は出来ません。

単身赴任は人生初なのでどの程度お金が掛かるかわかりませんが、これを機会に改めて節約に取り組んでいきます。

2年前の2月は46万円(前年は引越前でものいりでした)だったので12万円も増えています。大きな要因は家賃とお小遣いです。

家賃は賃貸から持家に戻り住宅ローンを計上しっているの止むを得ませんが、お小遣いは要改善です。子供と大事なお出かけの費用も入っているので難しいとこではありますが、安いレンタカーにしたり方法を考えます。

食費・光熱費・家賃は2世帯分なので高額になりますが、その他は節約が必要です。

2018年度2月度生活費582,429円 ⇒累計1,624,029円

年間出費額の目標は旅行や家電の買い替えも含めて600万です。残10ヶ月いときびし。

上記出費のうち単身赴任費用のみはこちら。
年末の飲み代でカード払いにしていた分の請求がありました。飲み会は楽しいですが請求書は楽しくないですね。。

1ヶ月の食費が9,378円は満足です。スーパーのタイムセール弁当でコツコツ生活した結果かと思います。健康第一ですので、どんなお弁当でも必ずサラダを別に買って食べています。

お小遣いという名目で多額の出費があるのでここを来月から直していきます。

 

【単身赴任家計簿】

住宅費⇒15,000円(自己負担分・駐車場付き)
食費   ⇒9,378円(スーパーの50%OFF弁当が基本)

日用品⇒3,110円
水道   ⇒ 2,143円(電気とガスの請求はカード払いの為未着)

 

日用品⇒3,107円
お小遣⇒113,507円(タバコ・昼食代・飲み代・週末のおでかけ費用)

 

合計⇒143,135円(累計・252,876円)

 

単身赴任中は月1回帰省をしています。月1回なので帰省時は必ずレジャーにいきます。レンタカーや施設利用料などお小遣いの出費も鰻のぼりです。けどここは楽しいので削減できません。

【ENG】My English skill is poor. Apologize Wrong expressions.

From January 2018, living by myself far from my family spend a lot of money. In addition to maintaining my home, “Single rent, utility fee, communication expenses, car charges, lifestyle equipment, food expenses” I can not luxury during this period, .

Since I have never lived far from my family, I don’t know how much money it will cost, but I will try .

In February two years ago, it was 460,000 Yen(Monthly living expenses), so it is increasing by 120,000. The big factor is rent and pocket money. The rent is fixed cost so we can not stop but my pocket money is a necessity improvement.

Although it is difficult ,because it includes expenses for important going out with my family, I think a plan.

2018年1月度家計簿実績(単身赴任中)⇒1,041,600円

2018年1月から単身赴任生活が開始しました。子供が生まれて4回引っ越しましたが大きくなってきたので単身赴任となりました。

単身赴任はお金がかかります。マイホームの維持に加えて、「単身先の家賃・光熱費・通信費・自動車代・生活備品・食費」単身期間中は贅沢は出来ません。繰上げ返済も出来ません。家のリフォームも出来ません。車も買い替えが出来ません。節約して人生を楽しむのがモットーですが自宅と単身先の生活費を考えると緊縮財政にせねばと考えます。

そんな中、給湯器と浴室乾燥が壊れるという大トラブル発生。真冬にお風呂の水が冷たいのは耐えられません。14年使用したので寿命かもしれませんが痛い出費でした。占めて390,000円の臨時出費です。

今年は2世帯分の生活費を切り詰めていく必要があります。まずは第一弾とし電力会社の切り替えを実施しました。ひろりん家では年間10,000円程度安くなる見込みですので早速切り替えます。既存のメガ電力会社・東京電力に拘りはありません。やすければ何処でも一緒です。

2018年度1月度生活費1,041,600円 ⇒累計1,041,600円

年間出費額の目標を600万にしていますがスタートから出遅れました。

上記出費のうち単身赴任費用のみはこちら。
単身生活を始めるためにカード払いで洗濯機買いました。まだ真冬なので冷蔵庫は買わずにベランダの天然冷蔵庫です。ちなみにTVも家にありません。。。インターネットもつながりません。

住宅費⇒15,000円(自己負担分)
火災保険⇒4,000円(24ヶ月分の賃貸住宅総合)
食費   ⇒14,906円(スーパーの50%OFF弁当が基本)

日用品⇒3,110円
水道   ⇒  1,168円(電気とガスの請求は未着)
布団⇒7,471円
洗濯機⇒19,180円(激安です)
お小遣⇒44,906円(タバコ・昼食代・週末のおでかけ費用)
合計⇒109,741円

 

 

ふるさと納税でスキー旅行を予約・日光湯元1泊2日のスキー旅行

冬はウインタースポーツを楽しみますが、夏のプール・海に比べると出費が痛い。毎年知恵を絞りながら節約旅行を実施中です。以前はふるさと旅行券がBESTな選択でしたが、今はありませんのでふるさと納税を活用してスキー旅行を企画します。

【宿泊先・スキー場の条件】
・ホテルにゲレンデが隣接か徒歩3分の範囲
・楽天トラベルで評価が4.0以上の宿
・夕食と朝食はバイキングで露天風呂がある
・リフト代が安い

スキー旅行は年に3-4回ぐらししかいかないので、節約旅行ではありますが快適に過ごすために最低限の条件は譲れません。

まずは「たびゲーター(http://www.tavigator.co.jp/furusato/)」でるるぶトラベルに対応している旅行先をさがします。ふるさと納税の還元率については色々意見がありますが、まだまだ多くの自治体が提供をしています。もちろん所得に応じた寄付の範囲内で対応します。実質自己負担2,000円を越えないように事前に計算しておきます。

【ふるさと納税ポイント】
◆ふるさと納税・・るるぶトラベルを利用し予約
◆還元率・・・・・40%以上の還元率を実施している温泉

1時間ぐらいネットを探して希望に一致する宿を見つけました。ふるさと納税で寄付はしていますが、一泊2食で3,600円で泊まれるなんて夢のようです。(50,000円寄付して22,500円分のポイントを充当・還元率45%)

2018年1月から単身赴任を始め、車を持って行っているためマイホームに車がありません。スタッドレスタイヤのレンタカーを借ります。レンタカー代は痛いですが安心して車を運転できるのでいいかも。

【スキー企画2018年2月分】
1日目⇒6時半出発で日中はスキー・夜は花火大会と氷彫刻大会・雪灯里を見学
2日目⇒8時半からスキー開始・午後は日光猿軍団見学と宇都宮餃子を堪能
冬の花火大会がとても綺麗でした。

往復・ガソリン高速代 ¥8,508 往路直行・復路は途中下車
宿泊代(2食付) ¥3,750 和牛シャブシャブ付
リフト2日券 ¥5,500 大人1名分・子供無料 
ランチ代等 ¥9,860
おみやげその他 ¥6,132
レンタカー代 ¥14,150
合計 47,900円

 

住宅ローン返済計画&実績

家を購入した当時は10年で完済と意気込んでいましたが、実際は20年で完済の見込みです。節約しながら生活をしていますが、なかなか減りません。

残債を残り6年で完済するために住宅ローンを借り換えしました。借換をするより繰上げ返済をしていった方がメリットはあるのですが、今後子供の教育費が掛かることを見越して借換をしました。月々の支払額はあがりましたが、強制的に引き落とされるので無事20年で完済できそうです。これで大学入学に専念できます。

大学入学時は多額のお金がかかります。予備校・入学金・仕送・授業料・・ひろりん家のDNAを考えると私大に入ればいいかなと考えております。国公立は夢のまた夢です。両親はセンターで門前払いの憂き目にあっております。。

旦那年齢               【ローン元本残高】
新築購入!     30歳     3,300万円(35年ローン) 
2004年度  31歳   3,181万円(累計119万返済)
2005年度  32歳   2,813万円(累計487万返済)
2006年度  33歳   2,532万円(累計768万返済)
2007年度  34歳   2,350万円(累計950万返済) 

2008年度  35歳   2,200万円(累計1,100万・借換) 
2009年度  36歳   2,100万円(累計1,200万返済)
2010年度  37歳   1,900万円(累計1,400万返済)

2011年度  38歳   1,800万円(累計1,500万返済)
2012年度  39歳   1,592万円(累計1,708万返済)
2013年度  40歳   1,380万円(累計1,920万返済)
2014年度  41歳   1,272万円(累計2,028万返済)
2015年度  42歳     997万円(累計2,303万返済)
2016年度  43歳     876万円(累計2,424万返済)

2017年7月借換⇒840万を金利0.045%で借換実施
2017年度(44歳)               ■残債782万円の予定(94万円返済予定)
2018年度(45歳)               ■残債644万円の予定(138万円返済予定)
2019年度(46歳)               ■残債506万円の予定(138万円返済予定)
2020年度(47歳)               ■残債368万円の予定(138万円返済予定)
2021年度(48歳)               ■残債230万円の予定(138万円返済予定)
2022年度(49歳)               ■残債92万円の予定(138万円返済予定)
2023年度(50歳)               ■完済の予定(92万円返済予定)

1 2 3 43