QRコード決済は全部JALカードでマイルを貯めます

QRコード決済は出来るだけJALカードでマイルを貯めます

コロナ禍となり、飛行機に乗る機会が減っています。JGCの会員資格は年会費を支払えば維持出来ますので、飛行機が乗れる時に備えて今は陸マイラー活動です。

JALカード特約店をメインに生活をする基本を押さえたうえで、今スタンダード決済になりつつある、QRコード決済も全部JALカードに変えて、マイルを貯めていきます。

PAYPAY以外全ての利用しているQRコード決済をJALカードSUICAに集約しましたので、安心して決済が出来るようになりました。

日常使用メインカード⇒2枚・年会費14,300円

クレジットカードはメインカードとして2枚を使っています。基本はJALカードでマイルを貯めていますが、空港ラウンジを使用する目的で無料のエポスゴールドを保持しています。

JAL CLUB-Aカード(JCB・年会費11,000円+ショッピングプレミア3,300円)

マイルを貯める目的のメインカード。年会費14,300円は正直高いです。ただ年間300万を決済し30,000マイルで航空券2往復分が貰えます。1マイル2円で換算しても60,000円相当の価値があり年会費以上のお得感はあります。
JGC(JALグローバルクラブ)の会員資格を維持する為にはCLUB-A以上のカードが必要なので加入せざるを得ません。飛行機に乗る前にラウンジで2杯の生ビールを飲みながら景色を眺める・・年会費は高いですがこの楽しみがあるのでやめられません。

今回はこのメインカードにQRコード決済のチャージを集約します。

エポスゴールドカード(VISA・年会費無料)

年会費が無料のゴールドカードです。こんなサービスが成立するのが驚きですが、空港ラウンジ使用・JCBが使えないお店での決済(焼肉ライクとか)様に保持しています。

ポイント有効期限が無制限と安心のサービスです。年間100万の利用で10,000ポイント付与されますので、基本の0.5%還元と合わせれば、実質は1.5%還元でカードを利用できます。

 PayPay→PayPayカード・ヤフーカード以外不可

QRコード決済シェアNO1のペイペイは、自社カード以外登録できません。強気です。100億円をばら撒き皆のハートキャッチした後は、がっつりヤフー経済圏に囲い込みを行っています。

ただペイペイのキャンペーンは魅力的ですので、ヤフーカードでチャージを続けます。

D払い→Dカード以外の登録も可能だが→Dカード以外はポイント付与無し

MAX還元3.0%とお得なD払いは、「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」のカードを選択できます。

Dカードでチャージ登録をすれば0.5%の基本還元とDカード払い設定で1.5%還元になります。JALカードでもショッピングプレミアムを付けていれば1%還元されますが、D払いをしながら一切ポイントが付かないのはもったいないので、Dカードを設定します。

2022年6月の改定でドコモ回線契約者は、利用期間に応じてポイント還元があります。10年以上契約・5Gギガホプレミアの契約なので上限5,000ポイントまで還元されます。Dカード以外を設定しているとポイント還元対象外の為、無料のDカードをチャージの設定カードにしておきます。

AUPAY→AUPAYカード以外の登録も可能→JALカードでチャージ

MAX還元2.5%のAUPAYは、「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」のカードを選択できます。細かい条件がありますので、場合によっては使えないカードもありますが、基本はOKです。

AUPAYカードでチャージ登録をすれば1%還元がされますが、JALカードでもショッピングプレミアムを付けていれば1%還元されます。1ポイント=マイルは2円以上になる事もあるので、JALカードでチャージがお得です。

ただし注意点があります。AUPAYカードの年会費です。年間に1回も利用が無い場合は年会費として1,375円請求されますので、年1回使用はマストです。

楽天PAY→楽天カード以外の登録も可能→JALカードでチャージ

MAX還元1.5%の楽天PAYは、「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」のカードを選択できます。

大型キャンペーンが少ないので、利用頻度は少ないですが、Yahoo!・Amazon・楽天を比較して、楽天で購入する事もあるので、継続利用で確保しています。

ファミPAY→ファミマTカード以外の登録も可能→JALカードでチャージ

クーポン配布の頻度が高いファミPAYは、ファミマTカードを含むJCBブランドのカードを選択できます。もちろんJALカードSUICAもJCBブランドなので登録が可能です。当初はファミマTカードからしかチャージが出来ない仕様でしたが、2022年時点改正され、他のクレジットカードでもチャージが可能となっています。

ただし注意点があります。ファミマTカードなら1,000円からチャージ出来ますが、ファミマTカード以外は3,000円からしかチャージ出来ません。チャージしておけばいつかは使うので大きな問題ではありません。

JALカードでのチャージ集約完了

4種類のQRコード決済を利用していますが、PAYPAYはJALカードの設定が出来ませんでした。JALマイルが貯まらないので、日常利用は基本還元率が高いD払いを利用します。日常の固定費は全てJALカードに集約しています。

  1. 電気・ガス・水道料金(年間36万円)
  2. 生命保険・自動車保険(年間12万円)
  3. 新聞代・NHK料金(年間6万円)

必ず支出がある固定費で年間54万円です。1%還元で5,400マイルにしかなりません。JALカードはお財布にいれて、お財布はバックにしまいます。支払いの時の一寸した手間ですが、携帯でさっと支払えた方がスマートです。これでクレジットカードを使わなくてもJALマイルを取りこぼさないようになりました。

JALマイルに加えて、各社QRコード決済会社のキャンペーンポイントもつくのでお得です。コツコツ陸マイラー活動を続けていきます。