RPAでクレジットカード明細を自動取得

家計簿は極力自動化したい

2018年1月から単身赴任生活が開始。単身赴任はお金がかかります。マイホームの維持に加えて、単身先の家賃・光熱費・通信費・自動車代・生活備品・食費・・単身期間中は贅沢は出来ません。早く赤字体質から抜け出したいですが、単身赴任は続きます。

家計簿を入力するのは単純作業と考えているのでマネーフォワードという家計簿ソフトで自動記帳にしています。家計簿を管理するには時間がかかります。時間がかかると長続きしませんので、簡単な管理方法方が自分にとってはベストです。月1回はクレジットカードの明細と電子マネーの使用履歴を確認して家計簿を支出記録としてつけています。銀行の残高と照合します。

ただこの月一回のクレジットカード明細の取得が面倒です。

無料のマイクロソフトエクセルを活用し、住宅ローンの引き落とし、クレジットカードの明細14社分、水道料金や生保等の口座引落など赤字体質の家計簿ですが、どの程度赤字なのかは毎月把握が必要です。赤字が続けば企業は倒産・家庭は破綻です。そうならないため、毎月のルーティンが欠かせません。

毎月やって20年とすると、12か月×20年・1回1時間とすると240時間をこの単純作業に費やしてきました。塵も積もれば山となるということわざ通りです。240時間もあれば色々できます。単純に1ヶ月の労働時間に相当しますので、1ヶ月自分の時間を全部使えば、資格試験にもチャレンジできそうです。

記帳・転記といった単純作業に自分の時間を使う。もったいないですよね。この時間を遊びや休息に充当も出来たと思います。そんな単純作業ですが、社会ではRPAの浸透で徐々に無くなりつつあります。RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の活用です。そんなRPAを個人が無料で使える時代がやってきました。

Windows10にRPAがついてくる(Power Automate Desktop)

2-3年前まではRPAのソフトは高価でした。買取でも、月額使用料でも個人で買えるレベルではありません。法人からみれば月額50,000円のソフトなら払えても、個人ではとても払えません。しかもソフト自体が使いこなせない。ビジネス要件は書けたとしてもシステム要件は書けません。折角作ってもイレギュラー処理で度々RPAが止まるので、イレギュラー要件も想像を働かして事前に定義する必要があります。

エクセルのマクロ記録のように、レコーダーボタンがついていて人は操作するだけ、ソフトが勝手に操作を覚えてくれるぐらい簡単ではないと個人には浸透しません。

そんな声にお応えして、2021年3月3日、マイクロソフトから無料の簡単RPAがリリースされました。商品名はPower Automate Desktopです。

最近のマイクロソフトはエクセルも無料になしましたし、大判振る舞いが続いています。

無料なので個人でも気軽に使えます。自宅でも単純作業は沢山あります。家計簿の記帳以外にも、キャンペーンの応募・キャッシュレスキャンペーンの調査・確定申告の医療費等時間を要する作業があります。

JALカードの利用明細を自動取得してみる

クレジットカードの明細は殆どの会社がペーパレスです。以前は紙の明細が届いたので、不正利用の確認や月1回の明細を確認する事で使ったという実感・無駄な物を買わない鍛錬として必ず確認しています。クレジットカードはQuick PAYで気軽に使え、バーコード決済の浸透で現金を使う事がなくなりましたので、月1回の確認の重要性が増しています。

マネーフォワードのクレジットカード内訳をみれば月の利用は確かにわかるし、次回の引き落とし額も見れますが、自分はクレジットカード会社の明細と銀行引き落としの照合をしたいので毎月実施中です。(簿記会計をやっていた時代があるので、合わないと気になってしまう性格です)

  1. VIEW’s NETのサイトに行く
  2. ログインをする
  3. ご利用明細照会をクリック
  4. 確定済みの月をクリック
  5. 明細CSVをダウンロードをクリック
  6. 無料のエクセルをEdgeで起動
  7. アップロードして開くをクリック
  8. ダウンロードしたCSVを選択してアップロード

と8個の工程を経ています。これをクレジットカードの枚数分行うのは時間がかかります。この面倒な気持ちが家計簿から人を遠ざけています。ということでPower Automate Desktopを起動して一連の動作を録画します。

リアルタイムでWEB上の画面の動きをプロセスに落としてくれます。画面操作記録型はすごい便利です。プログラミング言語を知らなくてもRPAが作れます。自分で作れるって楽しいです。初めて使うソフトなんでこの8工程を記録するのに30分ぐらいかかりましたが、慣れたらサクサク出来そうです。

▶のボタンを押せば勝手に8工程をRPAがやってくれます。なんて便利な時代になったのでしょうか。日本語のソフトなのでアクションの項目を読めば、何が出来るかはなんとなく想像がつきます。うまくいかなければ次のボタンを試すという感じで作成が出来ました。

RPA・クレジットカード明細自動取得の作り方

ワード・エクセルも簡単と言われても簡単ではありません。エクセルはマイクロソフト製品なのでVisual Basicの知識があるとないとでは全然違います。数式の参照に絶対値であれば$(ドル)で閉じる・文字列を数式使うなら”(ダブルコーテーション)で挟むとか、言語として日常的に使ってきた人にとっては、とても分かりやすいソフトと言われています。Power Automate Desktopもマイクロソフトの公式チャネルを見ると可愛い音楽で簡単にRPAが作成できる感じで紹介されています。

現実は甘くありません。自分で1から作ろうとするとUI要素・変数・・こんな言葉でパニックとなり、画面の前で固まります。ただそれを解決する手段としてレコーダー機能がついているのが、この製品のすごい点です。早速手順を紹介します。