Windows11でスニッピングツール(Snipping Tool )が使えない不具合を解消

Windows11でスニッピングツールが使えない

2021年10月ウィンドウズ11がリリースされました。IT製品は最新版が一番いいはずなので早速VERUPします。WIN95以降、VERUPを繰り返し6年ぶりの大型UPDATEです。しかもWIN10ユーザーは無料でVERUP出来るのが素晴らしい。最近のマイクロソフトは大盤振る舞いが続いています。

VERUPが終わり、ホームページを更新する際に画面切り取りツールであるスニッピングツール(Snipping Tool )を使おうとしたらエラーで使えません。これが使えないと不便です。ホームページ作成以外にもメールにHTML形式で画像を張り付けたり活用する機会が多いツールです。使えないと困るので使えるようにします。このツールは歴史ある機能ですので、多くの人が使い、不具合があれば、解消方法をネットに公開しているはずなので、あわてずGoogle先生に質問をして解消方法を教えていただきます。

まずは王道のアンインストールし後の再インストール

困った時は再インストールというのがエラー解消の王道です。早速アンインストールして再インストールを試みます。

WINマークからSnipping Toolを選び右クリックでアンインストールを選べばソフトを削除できます。その後はマイクロソフトストアでSnipping Toolを選びインストールを試みますが、うまく起動できません。失敗です。

マイクロソフトはアメリカの企業なのでアメリカのYouTubeを調べる

マイクロソフトはアメリカの企業なので英語のサイトを調べることにしました。

Snipping Tool  not work on win11で検索してみると沢山の動画解説が出てきました。同じ気持ちの人が沢山いるんだと変な安堵の気持ちが出てきました。沢山あるので画面キャプチャがついている解説動画に沿って不具合の解消を試みます。発音も綺麗・ゆっくり・画面キャプチャのおかげで英語に苦手意識がある自分でも聞き取ることが出来ました。感謝感謝。(参照動画へのpath

この動画を見ていたら今更ですが、Snipping Toolは名前が変わりSnip & Sketchというツールになっていました。知らなかった。Snipping Toolかと思っていたら公式ではSnip & Sketchでした。トラップというか自分の知識不足でした。ペン・タッチ・マウスで切り取りが出来るツールのようです。自分はWIN95からのユーザーなので未だにPCの画面タッチ操作には慣れませんし、自分のPCにはその機能はありません。子供はタッチ機能付きのノートPCを使っていますが、折りたたんでノートのようにパソコンを使い・マウスを使わず手で操作をしているのを見ると世代の違いを感じます。

世界は広い。自分が悩んでいることを瞬殺で解決されている人がいます。そんな人の知恵を無料で入手できるYOUTUBEに感謝です。

手動で時刻設定を適当な時間に変更するだけで不具合が解消されました

なにかの冗談でしょうという感じの解決方法です。スニッピングツールを開けない不具合は時刻を手動で修正するだけで治りました。これならだれでも不具合を解消できます。

まずはWINDOWSの設定から日付と時刻を選択します。

デフォルトは時刻は自動で設定されますので、自動設定をオフにして手動で適当な日付を設定します

次の画面で日付・時間の設定を変更できます。

その後、スニッピングツールを開いて通常どおり稼働する事の確認が出来たら、日付を自動設定に変更して終了です。自分の悩みは小さいなと思う瞬間でした。あっけない解決方法です。気付いた人はすごい。

緊急UPDATEで解消されます(2021年11月5日)

この問題は世界的に発生していますので緊急UPDATEが案内されました。KB5008295をインストールすると解消するようになりました。使えなくて色々調べましたが、なにもしないで解消を待つのも方法の一つだと思いました。

今回はPCにインストールされてる証明書が2021年10月31日で期限切れとなった事が原因のようです。英語は普段ほとんど使いませんが、知識として持っておくと意外な時に役立つ事を実感しました。

YouTubeで解説