ソラシドとAIRDOの交換レートが激熱です

南のソラシド・北のAIRDOの交換レートがすごい

2021年5月にAIRDOとソラシドで経営統合の覚書が締結されました。夏は沖縄の海・冬は北海道スキーとレジャーにピッタリの会社が誕生しました。特典航空券は15,000マイルで交換できるのが一般的です。15,000マイルだと150万円分の決済が必要です。お得なようですが、高額の決済が必要で、家族分のマイルを貯めるのに数年を要するのが一般的です。

それがなんと期間限定ではありますが、2,400マイルで特典航空券に交換できるキャンペーンが行われています。24万円分のお買い物をすれば、無料で羽田新千歳の航空券が貰えます。

2022年3月31日まではマイルの相互利用キャンペーン

期間限定ですが、交換レートがとんでもない事になっています。ソラシド2,400マイルAIRDOの1,600ポイントに交換が可能

AIRDOの1,600ポイントは羽田から新千歳空港・女満別空港・函館空港の往復航空券と交換できます。こんな事があっていいのでしょうか。いつまで続くかわかりまぜんが、ソラシドマイルを2万マイル保持していますので、道内8往復分に相当します。コロナ次第ですが、夢の北海道スキーに行けます。統合後もマイルの相互利用が進む可能性が高い・年会費は安価(税込み1,375円)という点からカードは保持を継続します。

600マイル単位から交換できまので、既にAIDDOとソラシドを保持していている人はポイントを調整しながら交換できます。

ソラシド2,400マイルで交換できる航空券

一番王道の羽田新千歳の航空券と交換できます。なんと羽田から400km近くある名古屋までも行くことが出来ます。更に170km近くある神戸もいけます。すごいです。

羽田新千歳はドル箱路線なので、便数も多くとても便利です。ただ北海道の魅力は札幌だけではありません。道東の自然には圧倒されますし、(知床・女満別空港)函館のイカも美味しい。(函館空港)このキャンペーンのおかげで夢が広がります。

ポイントサービスは乱立していますが、マイルサービスがやっている航空会社はとても少ないです。日本ではJAL・ANA・スターフライヤー・天草エアライン・AIRDO・ソラシドエアの6社しかありません。そもそも航空会社が少ない。貯めやすく旅行に使えることを考えると、羽田に就航しているJAL・ANA・スターフライヤー・AIRDO・ソラシドエアぐらいかと考えます。天草エアラインは航空機を1機しか保有しておらず地元の人以外は使う機会が少ないと思われます。

今後本格統合が決まれば再度キャンペーンを打つ可能性もあります。JALカードであれば基本は100円で0.5マイルですが、ソラシドカードは100円で1マイル貯まります。年会費も安いのでソラシドカードを作っておくのもいいかと思います。(100円の決済で0.5ポイント分のVポイントがたまりますが、0.5ポイントで1マイル相当です。)コツコツ乗って貯めたマイルで北海道に行けるとは思いもしませんでした。大事に使わせていただきます。

2022年中に期限切れとなるのが16,905マイルあります。羽田那覇路線に交換したら往復1名分しか航空券が貰えません。これがAIDROに交換すれば羽田・新千歳7往復分です。凄すぎる。

  1. 旭川空港経由の富良野スキー場で憧れの新富良野プリンスホテルに宿泊
  2. 女満別空港経由で流氷観光

沢山の観光スポットがあるので悩みますが、まずは2旅行を計画します。

YOUTUBUで解説(ソラシドエアがすごすぎる)