体調管理で節約しましょう

最近体調がよくない時が多い。以前は健保なんて全然使わなかったのに最近はよく出番があります。30代になると学生時代のような体力は望めませんねえ。以前はチョットした風邪でも市販薬より、お医者さんに行った方が安かったけど、健保も今は本人3割だもんね。健康が一番の節約です。

不健康だとデメリットが盛りだくさんです!

病院代
当然病院に行くので治療費が掛かります。健康保険料は 勤め人であれば組合健保だと思いますが、当然組合負担が大きくなれば、組合は赤字になります。マクロ的な視点で見れば赤字解消の為には、保険料UPしかありません。政府管掌保険は1000分の85ですが、組合健保だと30から95まで認可を受けられます。赤字になれば当然引き上げもあるし、標準報酬表が変われば健保等級もあがる可能性があります。健康保険料はバカになりません!保険料を下げる為には健康になるしかない。

減給
とうぜん体をこわして有休を使い果たせばあとの分は減給しちゃいます。まあ有休使い果たすぐらい休む人も稀だとは思いますが。

生命保険料
生命保険会社は、公的な側面もあるが営利企業です。当然リスクの高い人は受けたがらないし、保険料も高くなります。ここで言うリスクとは、疾病になる可能性などですね。最近はタバコ吸わない人は安く保険に入れるらしい。大きな病気には気をつけましょう。告知の時に記入しなくちゃいけないからね。

時間のLOSS
不健康だと土日が楽しめません。人生は楽しむ為にあると、ひろりんは思うので床に伏せがちでは、限るある人生の時間のLOSSですね。ある意味節約とは、時間の創出と近い意味がありますね!
trans006.gifう考えてみると節約をする前に健康管理がいかに重要かわかりますね。食費の節約もいいけど、栄養バランスはちゃんと考えましょうね。健康こそが一番の節約です。逆に健康であれば少々の浪費には目をつむってもいいかも。家の旦那もよく飲み代くれとか言うけど、健康であれば目くじらを立てることでもないですよね!

医療費節約術

人間やっぱり1番大事なのは健康だよね。節約と言っても体壊したら何にもならない。そんな訳で医療費の節約ってあんまり考えないけど、請求の内容や控除枠など間接的に医療費で節約する事は出来ます。医療費の還付請求は5年前までOKだから忘れてた人は必ずしましょう

医療費
病院に行って、治療費を精算する時、街中の小さい病院だと口頭で、また大きいとこでもレシートで合計額しか教えてくれない。おかしくない?スーパーで買い物する時はこんな事許されません。1品1品金額チェックして100円でも誤りがあれば文句言いますよね!なんで治療費はみんな合計額だけで納得してるんでしょうか?

点単価
医療費は点数によって計算されてる。健康保険使用であれば1点10円、自由診療であれば病院によって違います。軽い風邪で病院に行ったのならば、初診料や、院内処方であれば調剤料、薬剤負担金がかかってきます。それぞれ点数が決まっていて、点単価をかけたのが治療費になります。健保使用で30%を支払い残りが自分が加入している健康保険組合に請求されます。

レセプト開示
最近新聞などで医療費の問題が出てるけど、個人的には病院で精算する時、治療費の内訳を教えてくださいとか、内訳のわかる明細を下さいといったほうがいいと思う。費用はかかりません。よく教えてくれないとこや、費用がかかりますというとこがあるらしいけど、それはウソです。あくまでお客さんです。こちらがお金を払ってるんだから当然の権利です。またそういう通達も病院に出されています。

一年間
1年の終わりに自分が加入している健保組合から、本年度の医療費の内訳が送付されてきます。その項目と自分がもらった治療費の内訳が合ってるか確認しましょう。人間のやる事だから間違ってる時があります。気を付けましょう!
peo020.gifひろりんも最初は医療費の合計をチェックするのは抵抗があったけど、やり始めるともう普通です。病院の窓口で診療報酬の内訳くださいと言うだけ。教えてくれないとこでは、何で教えないんですか?と逆に質問しています。初診料と再診料の間違いとか、薬剤負担金など、たまあにあるから気をつけましょう。あくまで点数計算してるのは人間ですから。