2009年6月度家計簿実績⇒52万5,000円

2009年上半期も終了し半期合計で342万円の出費でした。トホホ。食費が高騰したのでが痛いです。3人で10万は緩すぎです。でもこれには深い訳があり、7月に転勤が決まり住み慣れた関東から東海地方に移住する事になりました。で今まで行って美味しかった店をクルーズした訳です!

①来月からの賃貸家賃と住宅ローンのW攻撃②転居に伴う多くの臨時出費

色々不安要素はありますが、ケセラセラです。いざとなればボーナス補填で乗り切ります。

2009年6月度525,098円⇒2009年累計3,425,536円

転勤に伴いカーテン揃えたり収納家具を買ったり来月移行家計費の高騰は必死です。今年は車の買い替えを予定していましたがしばらく凍結致します。

何でも再利用で節約しちゃおう

生活をしていれば様々なゴミが出てくる。可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミ。えっ?資源ゴミって何?資源になるの。それをごみとしてひろりんは捨てているの?冗談はさておき、様々なもの捨てる前にもう一回考えよう。再利用して使えるかもしれないですよ。ざっとひろりんの再利用術を紹介します!

古新聞
まずは、袋を作って生ゴミの三角コーナーの受けに使います。意外と丈夫で結構破れないもんです。常に遠慮なくゴミ受けを捨てられるんで台所を常に綺麗にしておけます。夏は助かります。
其の2 お皿やフライパンの油汚れとりに使います。いきなり台所洗剤じゃ勿体無い。まずは大きな汚れを取ってから洗いましょう!
其の3 野菜の保存にもつかえます。白菜、長ネギ、小松菜、ほうれん草など何でもござれ。不思議に新聞紙でまくと長持ちするんですよねえ。なんでだろう?
其の4 くるくる丸めて押入れの隅に湿気取りとしておいておきます。意外と吸い取りますね。

お茶ガラ
緑茶だけでなく麦茶、紅茶などガラはギュッと絞ってまずは乾かします。(肉魚のトレーを使うと更に良い)その後可愛い巾着にいれて、部屋、冷蔵庫、車、旦那様の靴などの消臭に使います。

ストッキング
破れたストッキングは、それ自体が品質のいい布なので磨きには最適です。家では旦那様の靴磨きをしております。しかし旦那様はそれに気付いていない。永遠に綺麗なものと思ってるらしい。その後車のワックス用に使ってます。

ダイレクトメール
ダイレクトメールは絶対捨てません。結構いい紙で出来てるので裏返しにしてのりで貼り付ければ新しい封筒のできあがりです。ひろりん家ではそれで懸賞応募に利用しております。

海外傷害保険

海外旅行は一大イベント。毎月のお給料から貯金して夢の海外へ。けど海外旅行ってホント高い。航空券にホテル代、空港使用料、成田までの交通費、現地でのレンタカー代。それに海外傷害保険。なれない海外での生活には危険がいっぱい。ましてやスポーツや運転をすれば更に怪我する可能性が出てくる。こういうもんなのかとパック保険を契約しちゃってるけど実際問題どうなんでしょうか?

海外傷害保険とは? 
要は海外旅行で怪我や病気や盗難また賠償責任を負った時にカバーしてくれる保険です。慣れない海外旅行は危険が一杯。国内担保の保険では見てくれない部分は海外旅行保険にお任せ!
ただし高いんだこれが。標準的なパック保険であれば1週間で1人7,000円前後取られちゃいます。ただ保険に加入しないで旅行行くのは危険すぎます。

内容
①傷害の死亡治療
②疾病の死亡治療
③賠償責任
④救援者費用
⑤携行品
の5つが基本的なパックの保険です。心配性のひろりんには外せない保険です。

カード付帯保険 
クレジットカードにもいろいろありますが、通常海外傷害保険が付帯されています。カードによって違うけど加入日から担保してくれるものや、1ヵ月後など規定があるので注意しましょう。最近は初年度年会費無料のカードも多いので1年だけ加入しちゃうのもありです!国際ブランドカードより信販会社系のカードの方が保険は充実しています。ヘタするとゴールドカード並みの補償が得られます!1枚は抑えたいところです。ひろりんはJCBとオリコに加入しました。どちらも年会費無料です。

結論
カード2枚で①傷害死亡2,000万治療300万②疾病治療300万③賠償4,000万④携行品15万⑤救援者300万の補償という万全の補償を獲得できました。ひろりんは心配性なので疾病の死亡保障を組立てでつけてもらいました。それが1,000円ぐらいでした。当然カードは年会費無料です!

生命保険節約大作戦

生命保険に加入されてない人いますか?日本は世界一の生保王国。みんな生保大好きでほとんどが加入してる。第三分野の保険とかが拡大してるけど、ベースは終身と養老ですかねえ?
けど自分がどんな生保に加入してるか知ってますか?節約でプラグとか抜いていても生保の内容が悪ければ意味ないですよ。生涯で家の次に高い買い物である生命保険。飴貰って加入してる場合じゃないよ。
我が家の保険政策をまとめてみました。ただ1つはっきりしてるのは、保険とは万が一のリスクをヘッジして人生をより楽しむ為にあると言う事です。保険料がきつくて他を我慢するなんて本末転倒だと思う。

ひろりん家
保障は保障。貯蓄は貯蓄。でいきます。予定利率がここまで下がってる現在生命保険での貯蓄は気が向きません。貯蓄は三角(△)保険は四角(□)とか言うけど、保険はあくまで万が一のリスクに備える物です。貯蓄とは違うよ。相互会社が多いのも納得です!

掛捨 
掛捨てだと満期の返戻金(へんれいきん)が無いから損だと思ってる人が居ます。ちょっと待って!何十年も先の100万円と現在の価値は一緒なの?実際生命保険会社で運用に回される部分は一部です。当然経費などは引かれちゃうし。であれば掛捨てにして自分で運用しちゃおう! ネット生保は経費率が低くてお買い得です。

死亡保障 trans006.gif
うーん。いくら位が妥当なんでしょう。死亡保障は残された家族が生活に困らない為の備え。 ひろりん家は旦那がサラリーマンなんで、遺族年金があります。家も購入済みなので住む所も困りません。なので死亡保障は2,000万で十分です。

医療保障
ひろりんとしてはお見舞金と割り切って1,000円~5,000円に設定しています。基本的に健保に加入してれば高額医療費還付があるので戻してくれるし、年10万円を超えれば医療費控除が使えるので心配ありません。ただガンが恐いなあ。タバコも酒も夫婦で大好きです。