2009年4月度家計簿実績⇒74万7,000円

2009年4月は14日間の長期休暇の取得という大イベントがありました。2週間仕事を休める・・天国です。で旅行にGO⇒家計簿高騰という結果になりました。

合計で75万は凹みますね。エアコンのエコ替えと固定資産税のWパンチ。
早くボーナスが来ないかなあ。

反省ばかりしていると滅入りますので前向きに振り返りますと、
①食費の高騰は外食の回数が増えた為で已む無し
②旅行に行けばペットはペットホテルに預けるのでペット代の高騰は已む無し

来月は旅行代のカード決済が着ますので頭痛くなります。少しでも削減と思い携帯代の見直しを開始します。

2009年4月度746,736円⇒2009年累計2,314,231円

このままだと年間の消費額は3倍換算で690万円。こんな事をしてたら子供の将来の学費が心配です。学資保険を検討します。

自動車保険節約実践編

自動車保険については既に説明しましたが、我が家が実際に数社に合い見積もりを取ってみた結果を元にちょっと考えてみましょう。食費水道などの公共料金の節約度から見るとかなり大きいです。数万単位で節約できるので上手く行った時の感動はものすごく大きいです。まずは我が家の自動車保険の内容から、その後数社の比較見積りを検討します。

項目 説明 ひろりん家 コメント
対人保険 他人に怪我をさせてしまった時 無制限 当然です
対物保険 他人の管理する財物に損害を与えた時 無制限 同上
自損事故保険 自分で運転して事故で怪我をし、自賠責保険が適用されない時(車を守る保険ではありませんし、定額払いです) 人身傷害で担保 同左
無保険車傷害保険 事故により相手の車が無保険車で、死亡後遺傷害が発生して時 2億円(定額) 自動付帯
搭乗者傷害保険 車に乗ってて事故で怪我をした時(部位別払い) 1000万円 念の為
車両保険 自分の車を守る保険。自損事故が担保されませんが、車対車限定Aが安くてお気に入りです 200万円 車両価格協定にて
人身傷害保険 過失割合に関係なく、加入する保険会社に請求可能。我が家も加入しています 5000万円 家族を守る為

基本的に上記保険で十分だと思いますが、あとは代車特約や弁護士費用担保など特約をつけるかつけないかでしょう。あとポイントは車両保険を付けるとき、免0特約を付けられる等級の人は必ずつけましょう!

基本内容 上記内容で保険契約しました やはり車両保険は必須です。保険料の半分を占めてますけど。
年齢条件 30歳未満不担保 まだ35歳未満不担保には出来ません。当然35歳にすれば安くなります。
車両クラス 6です。 スポーツカーなど事故率の高い車はやはり高くなります。1から9まであり、ひろりんの車は6クラスです。
等級 現在10等級 一年間無事故で1等級あがり、事故があれば3等級下がります。
保険料A社 約5万円 通信販売の会社です。やはり代理店がない分かなりお安いですね。当然補償内容は同一です。
保険料A 約7万円 業界大手の会社。
保険料A 約6.5万円 業界大手の会社。自動車保険では有名です。
保険料A 約8.2万円 業界大手の会社。ここは高すぎる殿様商売なのかなあ?


上記からも明らかですが、保険料も1年で比較して見ると、約3万円も違います。これは大きいですよ。この金額を食費や公共料金で節約するのは大変です。車の任意保険は1年掛捨て、生命保険じゃないからコロコロいいとこ、つまり安いとこに書き換えが出来ます。当然等級も引き継げるので、更新の時は安易に継続せず必ず見積りは取りましょう。
見積りを取るのは難しくありません。お手元に車検証と免許証を用意してパソコンで打ち込むだけです。早速下記から実行してみてはいかがですか?その後の勧誘もありませんのでわずらわしさは一切ありませんでした。ひろりんは計10社から見積りを取ってみました!

サイト名 比較可能保険会社 特典 感想
インズウェブ 大手損保から通販専業まで21社 500円のマック券 ソフトバンクファイナンスグループだけあって、保険の代理店ではないのでよく比較されています。自動車だけでなく、生命保険や海外傷害保険、保険の知識の勉強になるサイトです。
イオン保険マーケット あいおい損保、朝日火災、アメリカンホーム、AIU、エース損保、セコム損保、ゼネラリ、ソニー損保、損保ジャパン、チューリッヒ、東京海上、日新火災、ニッセイ同和、日動火災、日本興亜、、三井住友海上、三井ダイレクト、ダイレクトライン(18社) 特になし。 日本最大級の比較サイトです。自動車保険以外にもいろいろな比較が見れるので、そちらも楽しめます。なんと18社の一括見積もりが可能です。
保険スクエアbang! 大手損保から通販専業まで16社 特になし。 98年6月日本で初めて保険比較サイトを立ち上げた会社らしく、様々なチャレンジ精神に溢れています。バイクの保険や火災保険まで比較しています。リアルタイム比較も可能にしています。日本にある様々な保険比較サイトに情報を提供している会社らしくホント感心してしまいます。

野菜の底値帳で節約しましょう②

物の値段には波があります。当然季節商品は時期が来れば安くなるし。夏野菜は冬場は高い。また決算期が来れば大型商品は安くなります。お。店によっても水曜はこの商品が安いなどローテーションがあります。

我が家では常に最新の状態の底値帳を作成し買い物の時はバックに入れて出かけます。そうすれば特売品がホントに安いかどうかわかりますよ。参考までに底値情報まとめてみます。2009年現在食の安全の問題があり少々高めですが、細かくチェックしていきましょう。

にら         29円(1束)
せろり       88円(1個)
玉ねぎ      88円(5個)
大葉        80円(10枚)
カイワレ   39円(1袋)
ブリッコリー 50円(1個)
白菜    120円(1個)
はっさく   200円(5個)
イチゴ    298円(1パック)
トマト       150円(5個)
オレンジ  198円(5個)
みかん    198円(6個)

地元の農業公園などはお勧めです。500円でまとめて野菜パックなどが売っています。けど午前中早く行かないと、お手ごろの野菜は売り切れになっちゃいます!国産にんにく安くならないかなあ?