ETC活用で高速料金の11.5%の還元を達成

高速道路にもマイレージサービスがあります

ひろりんはドライブが大好きです。当然高速道路はよく乗ります。転勤族ですので、色々な道を走っています。北海道・福島・茨城・栃木・新潟・群馬・千葉・埼玉・東京・神奈川・山梨・長野・静岡・愛知・岐阜・滋賀・三重・大阪・奈良・京都・福岡・佐賀・長崎・熊本・沖縄は車で走行経験があります。雄大な自然を見ながらのドライブはとても魅力出来てすが、夜間の首都高速・特に湾岸線からベイブリッジで都心に流入するルートは格別です。特に用事がなくてもつい行ってしまいます。けど高速料金は高いですねえ。便利だけど冷静に考えるとえらい高い。海外みたいに無料になって欲しいですね。

そんな高い高速代を節約できる唯一の手段がETCカードです。出始めたときは金持ちの優越感?なんて貧乏根性がありましたが、実際は違います。一度利用すればETCカードがない生活は考えられません。便利で割引そんな魔法のカードを詳しく見てみましょう。

ETCマイレージとは

etc

利用すればそれに応じてマイレージがもらえる航空会社のサービスと同じです。航空会社は会社毎にマイルが貯まりますが、会社間の共有は出来ません。JALマイラーはJAL・ANAマイラーはANAと使用路線も限られてしまいます。

一方ETCマイレージは単純です。50,000円利用で5,000円分の無料通行の権利が貰えます。しかも日本全国統一のマイレージサービスです。航空会社でこのサービスが提供されたら大事件レベルです。

地域の限定した路線は独立していますが、NEXCO東日本・中日本・西日本が共通マイレージサービスとして利用出来れば問題ありません。首都高等都市高速はマイレージサービスの適用外です。都市高速は利用頻度が高いので、組み込んでほしいとこですが残念。

ETCマイレージサービスに登録しないとマイレージは貯まりません

一割還元というわかりやすいマイレージサービスですが、ETCカードを持っているだけではマイレージは貯まりません。マイレージサービスに自分で登録が必要です。新規マイレージ登録のページから登録するだけなので簡単です。

登録には、ETCカード・車載器の車載器管理番号・車両ナンバーが必要なので、事前に準備をしておきましょう。一旦登録をすれば、後は車をETC車載器に差し込んで、ドライブをするだけです。航空会社のマイルサービスの様に、パッケージツアーだからマイルの積算が半分とか、JGCの人はマイルが優遇されるとか、優良顧客に手厚いサービスはありません。皆が同じ条件でサービスを受けることが出来ます。

しかもドラ割などの商品利用でも10%還元されます。毎年冬はウインターパスで首都圏から福島エリアを往復していますが、この商品は8,700円で往復できるというお得な商品です。にも拘わらず更に10%還元されるという、衝撃のサービスが受けられます。8,700円で往復でも激安ですが、更にそこから10%還元されるなんて信じられません。

 高速道路を利用する人は、ETCカード登録はマストです。この登録でもれなく10%割引のサービスを受けることが出来ます。

最大還元率は50,000円利用で5,000円相当で10%

ETCマイレージは1,000ポイント(高速道路10,000円利用)から還元出来ますが、それはやってはいけません。その時の還元分はわずか500円分です。高速道路10,000円を利用して10%分の1,000ポイントを貯めても、還元されるのは500円分なのであまりに勿体ない。5%還元に留まってしまいます。

狙うは50,000円利用して、10%ポイントの付与を受けて等価還元の5,000円分です。ETCマイレージのマイページで自動還元にチェックを入れておけば、自動で5万利用毎に還元してくれます。

ポイント交換の期限は、ポイント獲得した年度の翌年度末です。2022年1月獲得なら2023年度末なので最大で2年近く保持する事が出来ますので、普段はあまり高速を利用しない人でも、高速道路利用額50,000円は十分可能です。

夏の海水浴・冬のスキー・年間を通じてのゴルフ等高速を利用せざるを得ないケースが沢山あります。特に冬場は、どぶ汁(あんこう鍋より濃厚)が無性に食べたくなり、どぶ汁を食べに月1回は遠征してしまいます。

西日本に住んでいた時は、冬はフグという感じで、冬場になると、安価なホテルで温泉その後フグが定番でした。ホテルの温泉と海を眺めながら個室でのフグで一人5,000円ぐらいと、お値段以上の価値がありました。関東圏に戻りそのようなサービスの店を探しましたが、そもそもそのような店が無い。しかもふぐ料理自体が高く、とてもいけません。

高速利用料金10%以上還元を目指す

ETCカードはクレジットカードです。クレジットカードの利用分については、クレジットカードのポイントが付きます。エポスゴールドカードには自分が選ぶ3つのお店がポイント3倍になるという特典があります。

モバイルSUICAへのチャージが一番人気ですが、ETC利用も5位です。選べるポイントアップショップに登録しておけば基本還元率0.5%の3倍で1.5%になります。なのでETCマイレージサービスと合わせて11.5%の還元になります。1回設定しておけば、あとは勝手にポイントが貯まります。