節約して初心者ゴルフ生活を満喫しよう

ゴルフは高いけど節約も可能です

夏は海とプール・冬はスキー・スノボ・春と秋はキャンプと気分転換のため季節もののレジャーには一通りチャレンジします。どれも深入りはせず楽しむ程度です。コロナで密ではないレジャーとしてキャンプが大人気ですが、ゴルフ場も大人気のようです。

ゴルフは紳士淑女のスポーツのイメージがあり腰が引けていましたが、コロナでプールも当分行けそうにありませんので、ゴルフにチャレンジする事にしました。20代にお遊びで2-3回いった程度なので20年ぶりぐらいです。

道具もなにもないゼロからのスタートです。今は住宅ローン・教育費と出費がかさむ時期ですので節約ゴルフを目指します。

ゴルフセットを揃える→ヤフオクで10,000円

まずは道具がないとゴルフは出来ません。スキーと同じです。ゴルフを始める第一の試練がここにあります。Yahoo!ショッピングゴルフセットと検索すると30,000円前後で販売されています。

皆が使っているキャロウェイをアマゾンで検索してみると60,000円を超えています。ほぼやったことのスポーツにいきなりの出費は出来ません。

スキー板の時も最初はヤフオクで安価なものから始めました。ヤフオクで10,000円以下のゴルフセットを検索すると沢山出てきます。スキーと一緒でやる人も多いけどやめる人も多いようです。

どれがいいかよくわかりませんので、シャフトがR(レギュラー)のMIZUNOのクラブを落札しました。約10,000円でした。

小物を揃える→8,000円

ゴルフクラブだけではゴルフはできません。コースに行きたいのでコースにでれる小道具の準備をします。小道具で8,000円かかりました。ゼロからのスタートなので出費が続きます。

  1. ソフトゴルフーシューズ(WEBで5,000円)
  2. 帽子(家にあるもので代用)
  3. ゴルフボール(ロストボールで安価な物を購入・10個で1,000円)
  4. ゴルフグローブ(ゴルフ5で800円)
  5. ティーアップ(400円)
  6. マーカー(ゴルフ場にあるはず)
  7. グリーンフォーク(ゴルフ場にあるはず)


なんだかんだでゴルフ5は安いです。ゴルフ用品でシェア1位の企業なので全国どこにでもあり、ポイントカードを忘れても電話番号でつけてくれるので。取りこぼしがありません。

ゴルフ当日の服装を準備する

アウトレットにいくと伸縮性の高いゴルフウェアが沢山売っています。キャロウェイ・HONMA・NIKE等とても素敵です。動きやすく・ドレスコードに沿っていれば問題ありませんのでブランド品でなくてもよいかと思います。ワークマンで出発前に揃えます。ワークマンならポロシャツとパンツを買っても5,000円かかりません

ゴルフ練習場を節約→土日200球・1F・1,200円

ゴルフ練習場は高い。特に都内在住の人にとってはきついです。有名なロッテ葛西(250ヤード・300打席)は、入場料514円・土日の1Fは1球22円です。土日に200球練習したら2,714円です。

興味本位で都内のゴルフ場を見ていたら「スイング碑文谷」(ひもんや)が驚きの値段でした。1時間土日に1Fで練習したら5,280円。90分ぐらいは練習するとは思うので、その際は7,920円です。しかもこの価格で1時間以上の待ちです。碑文谷は一般庶民の住む町ではありませんが、別格ですね。

練習場に行く前に自宅でYOUTUBUでレッスンをします。ゴルフ関係の動画は沢山ありますので、その中から自分が聞きゃすいレッスンを選んで、自宅でイメージトレーニングです。あまり考えても進みませんので、1時間程度動画を見たら安い練習場を探します。節約家として妥協できる練習場の条件を整理し、条件にあう練習場を探します。

  1. 土日の入場料が300円以下
  2. 土日・1Fでボール単価は8円以下
  3. 土日打ち放題なら2時間2,000円以下
  4. 照明料金無料

1回の練習代が1,500円以下なら土日に行っても3,000円で収まります。1ヶ月でいかない日もあると思うので練習代に10,000円をイメージしています。Googleマップを使って家の周りのゴルフ練習場を探していきます。安い練習場はアクセスが悪く人が集まらないので安価にして集客していると思われますので、多少遠くてもドライブで気分転換にもなりますのでOKです。

色々探していたら安価な練習場をみつけました。それぞれ少し難はありますが、初心者の自分にとっては問題ありません。WEBで自分が納得いくゴルフ練習場を探しましょう。WEBで探して3か所みつけました。気分転換もかねてこの3か所で練習をしてコースデビューを目指します。探すのに2時間以上かかりましたが、今後練習は何回もいくと思うので、最初が肝心です。

  • 土日打ち放題(上限400球・2時間)で1,600円

少し予算オーバーですが比較的自宅から近いのがポイントです。

120ヤードしかありませんが、平日は1,600円で時間無制限打ち放題を実施しており、自分の座席で喫茶の出前も出来るという優れもの。

 

  • 土日200球・1F・1,200円(時間制限無)

待ち時間があるまでではないのですが、安いので少し混んでいます。1球の単価は入場料こみで6円です。夜間の照明料も無料なので17時以降の空いている時間にもいけます。ネットが低いので9番とかで打ち上げるとネットにぶつかりそうですが、初心者なのでチョロが多いと思うので問題なし。

 

  • 土日150球・1F・1,300円(時間制限無)

 

200球打つと1,600円で予算オーバーになりますが、150球程度が心地よい疲れの練習量です。家から20km以上あるので少々遠いのが難点ですが、ここの最大の利点は人がいない事です。山の中腹にありますので、地形に合わせて無理やりはめ込んだようなデザインのゴルフ練習場です。人が少ないの伸び伸びゆっくり練習できます。

 

 

 

この3つの練習場で2か月みっちり練習して3カ月目にコースデビューを目指します。

デビューするゴルフ場を探す→最安値はハーフ1,900円

ゴルフ練習が終わったらデビューコースを探します。土日のコースは10,000円から20,000円が相場です。個人的に趣味にそこまではかけられません。キャディーさんがいると確かに楽なのですが、セルフプレーで節約を目指します。初心者は走り回って疲れてしまうので、カート乗り入れが出来ればベストですが、最低限カートのあるコースを探します。今はWEBで事前に料金を調べて予約が出来るので便利です。以前は会員権を持っている人に予約してもらってとか面倒でした。

WEBで最安値を調べると土日午後からのハーフで1,900円からあります。いつの間にかゴルフにも価格破壊が浸透していました。1,900円は流石にあり得ない価格です。最寄りインターから15kmあって午後のハーフだと帰宅時が心配ですが、ここまで値段が下がってきています。練習場と変わらない値段なので練習気分でいけます。

コースデビューはまだまだ先ですの、まずはまっすぐ打てることを目指して鍛錬します。

ただ口コミ評価3.0は最初のデビューコースとして大きな不安がありますので、最低3.5以上のコースを探します。ゴルフの予約はポイントもつくのでWEBで調べて予約が便利です。

コースデビューに向けての練習実績

自分は運動神経が悪く体力がないので、コースデビューにむけてまずは適切な練習量を考えます。

Googleで調べると1回の練習は150-200球がいいようです。あまり打つと疲れて悪い癖がつくようです。200球以上打つ体力はありませんので丁度いい教えです。1日のMAXは200球で練習に励みます。よくゴルフは練習にもお金がかかるというので記帳をしていきます。

練習開始・最初の10回の実績と気付き

日付 球数 金額 気付き
2021/04/29 150球 2,100円 空振り多し
2021/05/01 150球 2,100円 軽くグリップを学ぶ
2021/05/05 300球 1,600円 左手向をだらんとして左手グリップ
2021/05/22 200球 1,200円 右手をだらんとして右手を決める
2021/05/29 150球 1,300円 左手は伸ばしたままあげる
2021/05/30 200球 1,200円 腰をひたすら回して打つ
2021/06/15 150球 1,300円 右足踵重心から左足踵重心へ
2021/06/12 150球 1,300円 動画撮影・腰が全く回っていないことに気付く
2021/06/19 150球 1,300円 腰をひたすら回して打つ
2021/06/20 240球 2,000円 腰をひたすら回して打つ
合計 1,840球 15,400円 1球平均・8円

2か月で10回の集中練習で15,400円の出費です。一月7,000円なのでスポーツクラブと同じぐらいです。この値段で6か所の練習場でアウトレットの帰りや外出先の空き時間に軽く練習と色々楽しめます。練習場は自然環境がいい箇所が多く、練習に向かうドライブも楽しみとなります。

世の中には色々な練習場があります。お出かけの帰りに練習場を探して入ったとこに、TRACKMAN RANGE(トラックマン レンジ)という計測器が全打席についていました。球筋を数値化したり、バーチャルゴルフを練習場でプレーしたり色々楽しめそうです。

練習開始後10回目でこの機械の存在を知りました。スイングをスマホで取って練習すればいいと考えていたのですが、素人の自分がみても自己満足です。練習の成果が数値で分かるので、定期的にこの練習場に行くことにします。しかもここま屋根がない練習場です。ゴルフ練習場はネットがあるものというイメージも崩れました。時代は変わりました。なんでも今はデータ解析です。

10回の練習で1,840球。使用したクラブは9番と8番と6番とアイアンをひたすら練習しました。全てティーアップですが、10回目には極度のスライスもなくなってきましたので、これからの10回はティーアップせずに打つ練習を行います。