ソフトバンク経済圏に入場してみた(2022年4月~)

今更ながらソフトバンク経済圏に入場

ドコモユーザーなのでソフトバンク経済圏はYahoo!ショッピングを利用する程度でしたが、PayPayサービスが開始後、PAYPAY祭り等ド派手なサービスに惹かれPayPay経済圏を利用する事が多くなっています。

2022年3月iPhone12の128GモデルがMNPで95,000円割引で5,040円で販売していました。あまりの安さに購入をしてしまい、同時にソフトバンクユーザーとなりました。長年利用しているドコモ回線・無料に惹かれ作成した楽天回線・iPhone12目的で契約したソフトバンク回線と3回線を保持する事になりました。固定費は節約家にとってお邪魔虫なので増やしたくないのですが、iPhone12の128Gモデル5,040円の魅力には勝てませんでした。水道・光熱費をコツコツ節約しても到底及ばないディスカウントです。毎月の回線維持料金が最低でも約1,080円かかりますので、その分もとを取らねばということで今更ですがソフトバンク経済圏に突入します。

それにしても携帯の買い替え時は要注意です。iPhone12を安価で買えた喜びで、ソフトバンク推奨の保護フィルムをいいねという気持ちで買ってしまいましたが、価格は驚きの5,616円。高すぎます。フィルムは張りやすく品質はGOODですが、フィルムに5,000円オーバーはきつい。(3か月使用しましたが、フィルム自体にも傷がつきません。すごい。)
【固定費一覧】

種類 会費 名称 開始
JALカード(JGC) ¥14,300 CLUBA・JGC 2017/11/1
ソラシドカード(普通) ¥1,375 2019/6/1
プレミアムアウトレット ¥1,375 2010/1/1
NHK ¥13,990 2006/1/1
NURO光 ¥6,430 G2V(戸建)So-net&電話 2017/4/1
任天堂 ¥200 switchオンライン 2019/1/1
ソフトバンク ¥993 iPhone入手用契約 2022/3/31
アマゾンプライム ¥4,900 2021/4/17

ソフトバンク経済圏のすごさを認識

今更ですが、ソフトバンク経済圏は日常生活に浸透しています。日常生活がソフトバンクに囲まれています。

売上高は5兆円を超えており日本国内でも上位20社にはいります。通信業界は巨艦NTTが12兆円と突出していますが、電電公社が前身のNTTとは単純比較出来ません。ドコモ経済圏の様子もみつつ、ソフトバンク経済圏を活用していきます。

  1. 携帯電話のソフトバンク・Yモバイルで毎日利用します
  2. PayPay・PayPayカードで日常決済に利用します
  3. Yahoo!ニュースで新聞いらずです
  4. LINEという巨大アプリは皆が利用
  5. Yahoo!ショッピングとペイペイモールのネットショッピング

PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード)が経済圏のパスポート

ソフトバンク経済圏に入場するに際してPayPayカード(ペイペイカード)を準備します。年会費無料なので持っておいてても損はありません。ポイントサイトのモッピーから申し込みをすれば、5,000ポイント貰え、そのポイントは等価でPayPayポイントに交換可能です。ソフトバンク経済圏でのお買い物はヤフーショッピングになります。その際に1%加算してポイント還元がされますので、ヤフーショッピングではクレジットカードの基本還元1%・ストアポイント1%と合算して3%にできるカードです。

日常の小口決済はPayPayに集約

PayPayでは後払いサービスが提供されています。今まで残高払いだったので気が付きませんでしたがこれは便利です。

残高払いだと支払うたびに残高が大丈夫か確認したり、払おうとしたら残高が不足していてチャージなど、一寸した手間が面倒でした。かといって後払いならクレジットカードという方法もありますが、スマホ決済に慣れてしまい、クレジットカードを財布から出すのが面倒です。

PayPay後払いならチャージ残高を気にせず気軽に決済が出来ます。JALマイラーなのでクレジットカードが使えるお店はJALカードですが、クレジットカードが使えないお店も多いので、その時はPAYPAYで支払いを集約します。ミニマムで1.5%還元です。


Yahoo!プレミアムが無料になった(月額508円)

Yahoo!プレミアム会員特典による家電の修理補償金保証があるので月額508円を払ってYahoo!プレミアム会員を維持していましたが、なんとソフトバンクユーザーになったら508円が無料になりました。

Yahoo!プレミアム会員はお金を支払って会員になっていましたのでこれは嬉しいサービスです。家電を実店舗で買わなくなりましたので、延長保証の重要性がましていますので、会員資格を維持しています。20畳用のエアコン・リビング用を2021年4月に購入していますので、2024年3月までは会員でいる予定です。

iPhone一括祭りのため2022年3月31日に購入し、その日の夜にYahoo!プレミアムとソフトバンク回線を紐づけたのですが、なんと3月分が無料になりました。1日でも契約があればいいみたいです。嬉しいサービスです。

契約時に契約手数料と1日の携帯利用料金とiPhoneの保証で3,134円を支払っていますので、このおかげで実質2,600円の負担になりました。2022年4月以降月額993円の請求なので、Yahoo!プレミアム会員無料を加味すれば月額485円です。これなら車のカーナビ用の回線としても使える金額です。

Yahoo!プレミアムはお金を支払ってでも加入しているぐらいメリットがあるサービスです。ヤフーショッピングの還元率があがっつたり、バックアップ容量が無制限になったり、雑誌が読み放題になったりしますが、一番のポイントはショッピング補償です。

購入後120日以内の偶然の事故による破損を補償に加えて、商品購入日から5年以内の故障時の修理費の90%を補償してくれます。このおかげで安心して家電を購入する事が出来ます。

 ヤフーショッピングが毎週日曜日は10%上限1,000円還元×4週

ソフトバンクユーザーにはヤフーショッピングが最適解です。毎週日曜日は上限1,000円ですが10%還元祭りが開催されています。ソフトバンクユーザー以外でも5%還元がされていましたので、差分は500円です。しかもソフトバンクユーザーとワイモバイルユーザーは無料でヤフープレミアム会員になっていますので、更に2%還元されます。

仮に10,000円の買い物をした場合、ソフトバンクユーザーとして1,000円・ヤフープレミアム会員として200円で合計1,200円が還元されます。毎月10,000円の買い物をして還元をルーティンにします。

あまり物欲がないので欲しいものがあまりないのですが、毎日の晩酌はしますので、安い発泡酒のふるさと納税をすることにしました。10,000円の寄付で340mlが24本貰えますので、週1回の休肝日を考えると丁度いい本数です。

10,000円の支出がありますが、ふるさと納税の上限内なので実質負担はないようなものです。で1,500円がポイントして還元されます。還元されたポイントはPayPayで使いますので実質現金還元です。

ふるさと納税の自己負担額は年間で2,000円ですので、自己負担額以上の還元額になるのは容易に想像がつきます。

 

 スーパーPayPayクーポンで50%割引

これはすごいです。驚きです。PayPayの加盟店からピックアップして毎月半額クーポンが配布されます。しかも使い勝手のいいお店ばかり。2022年4月は大戸屋・ホームセンターコーナン・西友・デニーズです。

使い勝手のいいお店ばかりですので、無理やり使おうと思わなくても自然に使用です来ます。しかも還元はお店によりますが最大で1,000ポイント。この利用だけでも回線維持のための月額2,000円を超えそうです。こんな大盤振る舞いが実施されているのは知りませんでした。調べてみると、2021年10月18日かれソフトバンク契約者向けにサービスが開始されたようです。このクーポンを使うだけで携帯料金の全額還元を受けている人もいるのではと思います。過去半額クーポンが発行された会社は多数あります。

  1. ウエルシア・スギ薬局
  2. 西友・マルエツ
  3. ガスト・デニーズ・大戸屋
  4. コーナン・東急ハンズ
  5. ドトールコーヒーショップ・サーティーワン アイスクリーム
  6. 松屋・すき家・吉野家・KFC
  7. ローソン・ミニストップ・ヤマザキデイリーストア

コンビニからファミレスまで、どこも人気のお店ばかりです。無理をしなくても利用出来そうです。月によって還元額上限が異なりますので、毎月2,000円相当が還元されるわけではありません。2022年4月は携帯電話の繁忙期なのか、豪華なクーポンが多かったですが、7月以降還元額も200円とかで寂しい感じです。ただそれでもドコモ・AUには無い強みがあります。

ソフトバンク携帯を実質無料で利用できるかな??

ドコモ携帯の時は、携帯料金を実質無料にするという発想がありませんでしたが、ソフトバンク携帯であれば、ヤフーショッピングやPAYPAYとの連携で実質無料の可能性が出てきます。この仕組みはとてもありがたい事です。ソフトバンク経済圏の強みを感じます。

ドコモはD払いでDポイントを稼ぐぐらいですが、ドコモにはテザリング使用を含めて無制限プランを提供という唯一無二のプランがあるので、自分は解約できません。ソフトバンクの料金体系はシンプルで、3ギガまでなら5分の通話無料がセットになったスマホデビュープラン・月額990円(加入条件有)の契約を出来るなら、実質無料の運用は十分可能です。

最初に無駄なオプションを全部外した勢いで準定額オプション+も外してしまいました。外すと逆に割高になりますので要注意です。

ソフトバンク携帯実質無料トライアル

  1. 携帯電話料金はソフトバンクに実際に支払った金額
  2. 契約事務手数料・スマホ傷防止フィルム(5,616円)
  3. 途中準定額オプションを外し500円割高になる失敗有
年月 携帯電話料金 還元項目 還元金額
2022年3月分 ¥-3,419 ヤフープレミアム会員費 ¥508
-2,111円 スーパーPayPayクーポン ¥800
2022年4月分 ¥-6,609 ヤフープレミアム会員費 ¥508
-5,301円 スーパーPayPayクーポン ¥800
2022年5月分
¥-1,543 ヤフープレミアム会員費 ¥508
    スーパーPayPayクーポン
(マツキヨ・ドドール等)
¥2,000
+1,965円   ヤフーショッピング・5/1・5/22 ¥1,000
2022年6月分 ¥-1,543 ヤフープレミアム会員費 ¥508
  スーパーPayPayクーポン
(ローソン・スギ薬局・マルエツ)
¥1,000
-965円 ヤフーショッピング・6/19・6/25 ¥1,000
2022年7月分 ¥-1,081 ヤフープレミアム会員費 ¥508
  スーパーPayPayクーポン
(デイリーヤマザキ・ミニストップ)
¥600
+2,107円 ヤフーショッピング・7/16・17・24 ¥1,013
2022年8月分 ¥-1,081 ヤフープレミアム会員費 ¥508
    スーパーPayPayクーポン
(ららぽーと・ドトール・ミニストップ)
¥500
-224円   ヤフーショッピング・8/7・21 ¥297
2022年9月分 ¥-1,081 ヤフープレミアム会員費 ¥508
    スーパーPayPayクーポン
(コークON)
¥140
    ヤフーショッピング・9/11・25 ¥1,000
2022年10月分 ¥-993 ヤフープレミアム会員費 ¥508
合計    

ソフトバンク携帯実質無料トライアルはiPhone補償が高すぎる

iPhoneが高額すぎて話題になってします。本体に加えて補償費用も高額です。2022年8月時点でiPhone12の補償費用は月額1,280円です。半年前は979円だったのに酷い値上げの仕方です。もちろん契約時点の保険料が適用されますので、過去契約済みの人は問題ありませんが、月額979円でも高い。年間で12,000円近い負担です。