SIMフリースマホの運用で通信費を節約

2016年8月旦那が使用しているSIMフリースマホAscend P7が壊れました。2015年2月に購入してわずか1年6ヶ月・・・壊れるのが早かった。もう買いません。。

2台持ちをしていますが、1台目はdocomoで最新のガラケーを月々サポート適用して買換えしたばかりなので、またまたSIMフリースマホを探します。2016年8月現在格安SIMを使用している割合は10%前後とまだまだマイナーな存在ですが、確実に安くなりますので引き続き利用します。

本体の予算は20,000円以下で5.0インチ以上の画面でカメラは1,000万画素以上で探してみると、楽天モバイルがスマホ本体半額キャンペーンをやっているではありませんか。これは外せません。

現状のSIMカード使用料月々756円から972円に上がってしまいますが、楽天ポイントを自動で精算に引き当てることが可能な為、実質0円で運用が可能です。(月々100,000円ぐらいを楽天カードで決済中)

HTCのDsire626を価格COM最安値の22,122円で購入して今のビッグローブを使うか、楽天モバイルのキャンペーンを利用して割引でDsire626を入手するか試算をしてみたらほぼトントンです。楽天ポイントを支払いに当てていけば通信費の削減が可能な為、楽天モバイルに変更する事にしました。sim2016

 

 

 

 

 

 

 

smail—–通信費固定費リストラ後・月15,264円(税込)——→月1万円が最終目標
・スマホ旦那    
972円(楽天SIMカード月々定額3.1Gまで・2016年8月購入)
・ガラケー旦那   1,545円(通話専用・メールし放題・2016年5月購入
・スマホひろりん→7,671円(かけ放題・2018年8月まで月々サポートがあり。2016年7月購入
・自宅光回線    →4,104円(マンションタイプ)
・自宅固定電話 →972円(待受専用・ナンバーディスプレイオプション400円込)



2台持ち用のガラケーを格安で入手しました。

旦那はガラケーと格安SIM(ビックローブSIM)の2台持ち・ひろりんのスマホはかけ放題契約にしておいて通信費を節約しています。格安SIMも競争が激化しビックローブSIMのエントリープランでは月3Gまで・直近72時間の通信速度制限も600MBまでと動画サイトやゲームをフルに使わなければ十分に使える契約内容になりました。もうキャリアのデータプランは高くて戻れないです・・。

2台持ちに注力してきましたが気づいてみるとガラケーは既に7年近く使用しており、バッテリーの待受時間も3日ぐらいしか持たなくなってしまいました。2009年型のガラケーなので買い替えを決意しました。

早速価格.comで見てみるとドコモではシャープのSH-06Gが1番人気です。発売当初は36,288円で設定されていましたが、ドコモオンラインショップで見てみると実質0円の端末になっています。購入額と同額の月々サポートが受けられます。しかも料金プランも変わらず機種変更も可能です。早速購入しました。これで当面ガラケーも安心して使えます。

ガラケー201605

 

 

 

 

 

—–通信費固定費リストラ後・月13,940円(税込)——→月10,000円が最終目標smail
・スマホ旦那    
756円(MVNOのSIMカード月々定額3Gまで)
・ガラケー旦那   1,108円(通話専用・メールし放題・
・スマホひろりん→7,000円(かけ放題・2013年9月から同一端末使用中
・自宅光回線    →4,104円(マンションタイプ)
・自宅固定電話 →972円(待受専用・ナンバーディスプレイオプション400円込)

格安SIM運用で新しいスマホが欲しいな

2014年11月ひろりんが使用しているビックローブSIMに大きな動きがありました。今までと料金変わらずデータ使用量が2倍になりました。ひろりんはエントリープランですので月756円(税込200円割引適用)で2G使用可能。自宅ではWIFI運用ですので十分な使用量です。一時は機種変更(0円機種)を目的にドコモの2台目プラスプランで新しいスマホGETを検討していましたが止めます。

ドコモの2台目プラス運用・月2Gシェアで月2,916円(税込)なのですが、格安SIM756円と比べるとあまりにも高い。で格安SIM運用で白ロムを購入した場合どの程度得なのか考えました。
キャリアでは1年落ちのスマホが0円で購入できますが、維持費を比較してみるとやはり格安SIMの方がメリットあります。siroromu

白ロムは30,000円ぐらい販売していますので、仮にその値段で購入しても2年で15,000円のメリットがあります。あとはひろりんのスマホの2年縛りのタイミングで0円機種を手に入れるか検討中です。

—–通信費固定費リストラ後・月14,980円(税込)——→月1万円が最終目標smail
・スマホ旦那    
756円(MVNOのSIMカード月々定額2Gまで)
・ガラケー旦那   1,108円(通話専用・メールし放題
・スマホひろりん→8,042円(かけ放題・2015年9月まで月々サポートがあり。
・自宅光回線    →4,104円(マンションタイプ)
・自宅固定電話 →972円(待受専用・ナンバーディスプレイオプション400円込)

通話プランを見直して通信費の削減を実施

通信費のリストラを実行中ですが、今まで固定費を中心に見直してきました。(実行前は月々20,000円に対して実行後は14,980円)ただ通信費には変動費があります。電話すればするほど電話代がかかります。(昔はテレホンカードを何枚も持っていました。)

Xiの通話料金は高い。30秒で20円です。1時間話すと2,400円です。でそんな声に応えるかのように携帯各社から電話し放題の通話サービスプランが発売されました。早速検討に入ります。かけ放題

 

 

 

 

半年平均の携帯通話料が763円でした。加えて固定電話からの発信がありますので合計で月1,000円ぐらいを家計から支出しています。月1,000円であればプランを変更しても元がとれますのでかけ放題のプランへの変更を実施しました。

—–通信費固定費リストラ後・月14,980円(税込)——→月1万円が最終目標smail
・スマホ旦那    
756円(MVNOのSIMカード月々定額2Gまで)
・ガラケー旦那   1,108円(通話専用・メールし放題
・スマホひろりん→8,042円(かけ放題・2015年9月まで月々サポートがあり。
・自宅光回線    →4,104円(マンションタイプ)
・自宅固定電話 →972円(待受専用・ナンバーディスプレイオプション400円込)

通信費のリストラ計画実行2014年

通信費のリストラを実行しました。実行前は月々20,000円でしたが、実行後は14,200円になりました。年間で69,600円の節約です。大きいですね。10年で70万円です。

今後取り組み予定としては「ひろりんスマホ」の2台持ちです。旦那と同じSIMカードを申込み、2Gで1,512円の請求にする予定です。ドコモのパケットパックだと2Gで3,500円ですので約2分の1以下です。安すぎます。

—–通信費リストラ後・月14,200円(税込)——→月1万円が最終目標smail
・スマホ旦那    
756円(MVNOのSIMカード月々定額1Gまで)
・ガラケー旦那   1,129円(通話専用・メールし放題
・スマホひろりん→7,224円(2015年9月まで月々サポートがあり。)→対策検討中
・自宅光回線    →4,104円(マンションタイプ)→対策検討中
・自宅固定電話 →972円(ナンバーディスプレイオプション400円込)

—–通信費リストラ前・月20,000円(税込)——–
・スマホ旦那     →Foma契約でパケホーダイ・無料通話1,050円付き・・・固定費月7,160円
・スマホひろりん→Xi契約でパケ・ホーダイ ライト・無料通話なし・・・6,330円
・タブレット→自宅は光回線のWi-Fi・外出先は無料無線LanSpot・・・500円(2014年2月末まで)
・自宅光回線→マンションタイプ・・・3,800円
・自宅固定電話→IP電話で節約・・・900円(ナンバーディスプレイオプション400円込)
・セキュリティソフト→月払い契約3台分・・・380円

 

1 2