住宅ローン返済計画&実績

家を購入した当時は10年で完済と意気込んでいましたが、実際は20年で完済の見込みです。節約しながら生活をしていますが、なかなか減りません。

残債を残り6年で完済するために住宅ローンを借り換えしました。借換をするより繰上げ返済をしていった方がメリットはあるのですが、今後子供の教育費が掛かることを見越して借換をしました。月々の支払額はあがりましたが、強制的に引き落とされるので無事20年で完済できそうです。これで大学入学に専念できます。

大学入学時は多額のお金がかかります。予備校・入学金・仕送・授業料・・ひろりん家のDNAを考えると私大に入ればいいかなと考えております。国公立は夢のまた夢です。両親はセンターで足切りの憂き目にあっております。。

旦那年齢               【ローン元本残高】
新築購入!     30歳     3,300万円(35年ローン) 
2004年度  31歳   3,181万円(累計119万返済)
2005年度  32歳   2,813万円(累計487万返済)
2006年度  33歳   2,532万円(累計768万返済)
2007年度  34歳   2,350万円(累計950万返済) 

2008年度  35歳   2,200万円(累計1,100万・借換) 
2009年度  36歳   2,100万円(累計1,200万返済)
2010年度  37歳   1,900万円(累計1,400万返済)

2011年度  38歳   1,800万円(累計1,500万返済)
2012年度  39歳   1,592万円(累計1,708万返済)
2013年度  40歳   1,380万円(累計1,920万返済)
2014年度  41歳   1,272万円(累計2,028万返済)
2015年度  42歳     997万円(累計2,303万返済)
2016年度  43歳     876万円(累計2,424万返済)

2017年7月借換⇒840万を金利0.045%で借換実施
2017年度(44歳)               ■残債782万円の予定(94万円返済予定)
2018年度(45歳)               ■残債644万円の予定(138万円返済予定)
2019年度(46歳)               ■残債506万円の予定(138万円返済予定)
2020年度(47歳)               ■残債368万円の予定(138万円返済予定)
2021年度(48歳)               ■残債230万円の予定(138万円返済予定)
2022年度(49歳)               ■残債92万円の予定(138万円返済予定)
2023年度(50歳)               ■完済の予定(92万円返済予定)

住宅ローン返済計画&実績

旦那年齢               【ローン元本残高】
新築購入! 30歳     3,300万円(35年ローン) 
2004年度  31歳   3,181万円(累計119万返済)
2005年度  32歳   2,813万円(累計487万返済)
2006年度  33歳   2,532万円(累計768万返済)
2007年度  34歳   2,350万円(累計950万返済) 

2008年度  35歳   2,200万円(累計1,100万・借換) 
2009年度  36歳   2,100万円(累計1,200万返済)
2010年度  37歳   1,900万円(累計1,400万返済)

2011年度  38歳   1,800万円(累計1,500万返済)
2012年度  39歳   1,592万円(累計1,708万返済)
2013年度  40歳   1,380万円(累計1,920万返済)
2014年度  41歳   1,272万円(累計2,028万返済)
2015年度  42歳     997万円(累計2,303万返済)
2016年度  43歳     876万円(累計2,424万返済)

2017年度(44歳) ■残債700万円の予定(180万円返済予定)
2018年度(45歳) ■残債500万円の予定(200万円返済予定)
2019年度(46歳) ■500万円返済し完了予定

住宅ローンの返済表を見ていたら、あまりにも先が長い話で気疲れしました。やはりマイペースに返済していくことがベストですね。ただ当初は余りにも利子分の支払いが多いので頑張って繰上返済していきたいと思います。生活をしながらの繰上返済は本当キツイですね。あきらめないで頑張ります。

【無料見積いたします】畳の張替えなら!全国シェアNo.1の三条たたみ!

 

住宅ローンの借換保留で節約

2009年に住宅ローンを借換して早3年経過。その間の繰上返済は余り進まず月々の返済をする毎日が過ぎました。その間に住宅ローンも更に下がってきていますので、借換の検討をする事に致しました。

現状の借入金  1,795万円(銀行融資のみ)
残返済期間   15年6ヶ月(金利1.8%・10年固定)
月々払い    約110,000円 ・ボーナス払い  無し

これが現在の契約内容です。住宅ローンもキャンペーンで信じられないぐらいの低金利の商品があります。試しに大手都市銀行のキャンペーンで見直しました。

ローン金利     固定期間10年で1.45%
繰上返済手数料  もちろん固定期間でも無料
返済期間       15年6ヶ月で試算
借換手数料    420,000円

金利を引き下げて、支払い期間は同一設定。固定期間を延長できる喜び。試算してみると驚きの結果です。

総額は70万円程度圧縮できるが、借換の経費を考えると28万円のメリットしかありません。保証料の返金を16万見込むと44万円のメリット。
42万円を一括返済すれば元本充当で5回分の利子相当で15万円のメリットがあります。つまり
120万の繰上返済1回で借換のメリットは消滅!

整理すると1年返済を期間を早めれば借換のメリットは無いと言う事です。結論は借換不要。悩んでいる暇があったら自己研鑽に励むべし!バンザーイ。やるべき事がわかりました。今年は繰上返済に拘り借換のメリットを超えます。

安易に借換しない事も大切ですね。

住宅ローンの借換で節約⇒120万円

2004年に住宅を購入しローンを組んで早4年半経過。当初の不安要素が顕在化しました。3年の固定期間が終了し、変動金利へ突入。未払い利息の発生まではいっていませんが、変動金利が2.8%近くまで上昇してきたので思い切って借換をする事に致しました。

購入金額  4,100万円 (2004年)
借入金    3,300万円(銀行融資のみ)
借入内訳  1,700万円は3年固定・金利1.0% ⇒2.8%まで上昇中
借入内訳  1,600万円は10年固定・金利2.2%
返済期間  35年
月々払い 約112,000円 ・ボーナス払い  無し

これが当初の契約内容です。約4年半経過し2008年度末の残債が約2,200万円・残期間22年。なんとかで1,100万円を返済しましたが、まだ先は長い。ふう気が遠くなります。今回の借換のポイントはいくつかありますが、外せない点があります。

ローン金利     固定期間10年で2.0%以下
繰上返済手数料  もちろん固定期間でも無料
返済期間       20年へ短縮
月々払い      約110,000円 ・ボーナス払い無し

金利を引き下げて、支払い期間を短縮し、尚且つ繰上げ返済手数料無料の金融機関を見つけて、毎年100万円の繰上げ返済を10回実行。そうすれば10年で完済が可能で、当初の固定期間優遇を享受出来ます。そんな都合のいいローンがあるのでしょうか?地道に都銀・地銀・信金等いろいろ探してみて条件に合致する金融機関を発見しました。

ローン金利     固定期間10年で1.8%
繰上返済手数料  固定期間でも無料
返済期間       20年
月々払い      約110,000円 ・ボーナス払い無し
保証料       200,000円(2,200万円分)
諸手数料       40,000円
登記関連      150,000円

探せば見つかるもんですねえ。今回の借り換えで諸手数料を考慮したメリットは120万円。大きな節約が出来ました。
さらに保証料の戻しが31万円あり借換費用39万円と相殺すると80,000円の出費のみ。バンザーイ。金融機関によって保証料は大きな違いがあります。

新築一戸建てGET

ひろりん家も遂にマイホームを買っちゃいました。家はいいね。癒されるよ。小物を買ったり、盆栽をしたり土いじりが一番落ち着くね。毎週土日はホームセンターでいろいろ買い込んでいます。通販生活にもはまりそう。けど、住宅ローンって何とかなんないのかねえ。返済表を見て見ると殆ど利子の返済ばっかりだもんねえ。ひろりんはお金の計算は苦手なのであまり見ていないけど、う・・・・という感じです。まあ旦那に任せとけばいいかあ。という訳で節約でゲットしたマイホームを紹介しますね。

購入金額  4,100万円 (2004年)
借入金    3,300万円(銀行融資のみ)
借入内訳  1,700万円は3年固定・金利1.0%
借入内訳  1,600万円は10年固定・金利2.2% 返済期間
35年 月々払い 約100,000円 ボーナス払い  無し
利息分支払い  1,012万円。内訳は316万+696万円

リスク要因壱 3年固定1.0%キャンペーンが終わると、金利が確実に上昇する事。 リスク要因弐 返済完了予定が定年後に設定されている事。

なんとか10年ぐらいで返済したいので、節約&繰上げ返済で頑張ります。