2008年11月度家計簿実績⇒53万円

いよいよ今年も残り1ヶ月。最終月を見据えてやっていきます。なんとか生活費14万円の中で生活できました。

生活費全般        132,112円

光熱費のみ個別集計  11,273円
住宅ローン返済分    112,110円
旦那お小遣い        50,000円
妻のお小遣い        20,000円
カード引落分      208,192

合計   533,687円
⇒2008年累計7,173,142円

経過月数10ヶ月で考えてみると「月間650,000円」・・・。かなりの出費です。預金残高が今年は激減しています。子供を育てるのは大変なんだなあと今更ながら実感します。
早くも来年の予定を考えていますが、来年は通常通りですので、家族3人・犬一匹で年間500万円以下で暮らしたいなあ。

今年も残り1ヶ月。年間で750万以下が目標です。がボーナス戦線でBABY用のストッケ社の椅子・CANONのビデオカメラ・を購入予定です。・・・今年は節約無理かな。

ガス代の節約術

ガス代は当然の事ですが、公共料金です。消費者はガス会社を選択できません。なので如何にガスの使用料を減らせるかに尽きます。忘れちゃいけないのでが料金プランの見直しです。最近は床暖房・浴室乾燥が付いている家も多いですが、そんな時は専用のプランに申し込むとガス代が安くなります。(東京ガスだと暖らんぷらん)

お風呂
家庭内で一番ガスを使用するのがお風呂をメインとした給湯システムです。入浴を2日に一回にして節約なんて事はしません。あくまで基本に忠実に節約していきます。

家族全員一気に入る⇒お風呂のお湯はは2時間で3.5度も下がっちゃう。
これを追い炊きすると1ヶ月で280円もかかっちゃう。

シャワータイムの短縮⇒1回1分短縮すれば、1ヶ月で110円も節約!

適量・適温での給湯⇒熱湯いれて水でうめていくのは、熱効率上最悪です。
高くなればなる程、1度上げる為の消費カロリーは増加。

ガスコンロ
早く調理できるからって強火にしちゃダメ。ガスコンロは中火が一番効率がいい。これに気をつけるだけで1ヶ月で100円が節約できちゃう。鍋も大きいほうが熱効率が断然いい。もちろん蓋をするのを忘れないでね。2%も熱効率が違うよ。これだけで、1ヶ月で100円も違うよ。

電気ポットは使用不可
絶対ガスでお湯は沸かしましょう。1日1回ポットで沸かして保温していた場合と比べると1ヶ月でナント350円も違ってくる。ガスは安いなあ。

給湯機は35度
ぬるめのお湯で十分落ちます。高温で(40度)設定していた場合と比べて、1ヶ月で500円も違う。

床暖房
温度設定は中にしましょう。高&パワフル暖房は必要なし。寝る1時間前には電源OFF。電源を切ってもお湯が流れているのでしばらくは暖かいですね!