2008年10月度家計簿実績⇒54万円

今月は季節外れの夏休みを取得しましたので家計費は高騰気味です。旅行は節約できません。

生活費全般        249,225円

光熱費のみ個別集計   8,155円
住宅ローン返済分    112,110円
旦那お小遣い        50,000円
妻のお小遣い        20,000円
カード引落分      107,841

合計   547,331円
⇒2008年累計6,639,456円

経過月数10ヶ月で考えてみると「月間660,000円」・・・。かなり出費していますが、家族が増えたので嬉しい高騰です。出費はありましたが、気にしていません。

光熱費はカード払いに切り替えしたので、今月は水道代だけです。2ヶ月ずれますので、電気・ガスは来月に繰越です。
定期代の引き落としを失念していました。突然くると焦りますね。

今年も残り2ヶ月。年間で750万以下が目標です。年度末にはBABY用のストッケ社の椅子を購入予定です。

クレジットカードの内訳を把握しましょう

クレジットカードは便利ですが、毎月引き落とし通知が来るたびに落ち込みます。家計費のリストラをするにあたり、まずは内訳を把握しないといけないですねえ。

①通信費・公共料金・傷害保険料等の固定費
⇒月40,000円が固定費で発生
この存在は大きいですね。通信費は頑張ればある程度削減はできますが、CATV代は削減できません。年間50万円程度支払いがあります。唯一取り組めるネタは通品費の見直しぐらいです。傷害保険は必要最低限しか掛けていませんので、一家で月々6,000円です。

②服飾費の存在⇒お出かけすると買ってしまいます
ひろりん家は土日にお出かけするとつい買い物をしていしまいます。しかも何気なく。最悪です。必要な物を買う。駐車場代・高速代の節約なんて考えている場合じゃありません。
クレジットカード払いにするとポイントが貯まるというメリットもあり、公共料金もカード払いにしました。月々10,000円であれば100円分ポイントが付きます。決済手段として利用すれば便利なサービスです。カード払いは内訳把握に努め無駄使いをしない。これに尽きますね。


管理人が一本化しているカードです。ポイン還元率1%と脅威のメリットがあるカードです。楽天の買い物では楽天ポイントもついて2%の還元です。
キャンペーンも色々あってポイントが貯めやすいカードです。