2008年5月度家計簿実績

ひろりん出産で里帰りから帰宅。節約生活は来月から再開します。

生活費全般         356,000円
光熱費のみ個別集計    11,133円
住宅ローン返済分     112,110円
旦那お小遣い         50,000円
妻のお小遣い         20,000円
カード引落分         154,149円

合計         703,392円
⇒2008年累計3,410,899円

 

今月は出費が多し。「固定資産税と自動車税」頑張って購入した物に課税するなんて酷い。なんて愚痴はこぼしません。日本国内で暮らしている限り納税は国民の義務ですからね。払うものはサクッと払って楽しく暮らしましょう。

今年は赤ちゃんが生まれると言うビックイベントがありました。節約は意識していますが、家計は火の車です。こうなったら収入を増やすしか道は無

いですね。
月平均40万で年間500万円の支出が目安です。あまり無駄使いはしませんが、生活するにはお金がかかりますねえ。

通信費の増加傾向に歯止めを・2008年は携帯全盛期

通信費がここまで家計を圧迫する時代が来るとはビックリ!昔はこんなんじゃ無かったよ。ポケベルは良かったよ。或る意味携帯より便利。と文句をいっても仕方が無い。携帯が固定電話を抜き全国民モバイラーになった現代、てこ入れしないとね。

携帯電話編
携帯って必要? 仕事で使ってる人は絶対必要だから仕方が無いけど、専業主婦の場合無くてもいける場合がほとんどです。固定電話やメールや手紙で十分。一回冷静になって考えてみましょう。1台無くせばすごく大きいよ! 以前は携帯は無かった。ここ10年で普及したけど、無くても生活できた。あると便利で使っちゃう。家も夫婦で持ってて、携帯代3万円、固定電話5千円払ってた。けど失業を機に2台とも埋めました。携帯がない生活を3年経験しました。

固定電話編
電話代は複雑怪奇 電話会社も自由化以降増えましたねえ。ぱっと思いつくものでも、NTTグループ、KDDI、日本テレコム、CATV会社の電話サービス、など一体どこが安いのかわかりずらい。しかも地域により、選べるサービスも変わってくるので、研究が必要です。最近は専門のサイトもあるので固定電話も時間を作って見直ししましょう。

このページをご覧になってるみなさんだから、節約に熱心だとは思いますが。BESTな選択を見つけるのは並大抵の努力ではありません。我が家でも、土日を使い検討しました。エクセルで距離別の損得分岐点を計算し、会社別の通話距離別料金や割引の指数を関数を使って、前年と同じ通話内容だった場合の試算を行いました。約12時間かかりました。その結果いままでのままでも問題ない結果になりました。未来のことはわかりませんが、今後3年間更なる通信革命が起こらない限り、費用対効果で考えてみると、我が家は、今が1番BESTです。疲れました。妥協はいけません。とことん計算してBESTを見つけましょう!

番外編
ひろりん家の電話代節約大作戦の方法はシンプルです。CATV会社の電話回線を利用してます。なんと基本料金1,300円です。通話料は月間1,000円前後です。それに加えてプロバイダーサービスも利用しています。CATVの契約しているのでパック料金で月11,000円。まとめて契約すると割引されますので大満足です。